顔面神経麻痺で入院のももクロ佐々木彩夏、退院を報告 公式インスタも開設 | NewsCafe

顔面神経麻痺で入院のももクロ佐々木彩夏、退院を報告 公式インスタも開設

芸能 モデルプレス/ent/music
佐々木彩夏 (C)モデルプレス
【モデルプレス=2021/08/02】7月23日に診断を受け、右末梢性顔面神経麻痺で入院していたももいろクローバーZの佐々木彩夏が8月2日、退院したことを報告した。

【写真】佐々木彩夏、有安杏果から卒業を打ち明けられ怒っていた

◆ももクロ佐々木彩夏、退院を報告

ファンクラブと公式YouTubeチャンネルにて発表。「あーりんより」と題し更新された動画に佐々木が音声で出演し、「本日付で退院しました!皆さんご心配ご迷惑おかけして申し訳ございませんでした」と自身の声で報告した。

顔面麻痺の症状はまだ残っていて完全体ではないというが、担当医から退院の許可と少しずつ活動も復帰して良いという許可がおりたそうで、「できるお仕事から復帰できたらなと思っています」と明かした。

体調については十分休養をとれたため万全だといい、今後はリハビリをしながら復帰していく予定。「元気になりました、あともうちょっとの辛抱なので頑張っていけたらと思います」と語った。

◆佐々木彩夏、復帰目標は8月末の@JAM

また7月31日と8月1日に予定していた「ももクロ夏のパノラマ地獄2021」は9月19日と9月20日に延期になることが発表されていたが、この日程は佐々木の希望も込みで再設定されたと説明。

現状、8月29日の「@JAM EXPO 2020-2021」での復帰を目指してリハビリを行っているといい、「決してすごい無理してるとかそういうわけじゃなくて、先生も『8月29日を目標にしていい』って許可を頂いているし、もしライブはできないって状況だったらまたメンバーに甘えちゃうことになるんですけど、8月29日の@JAMには可愛いお顔で出られるように。モチベーションにリハビリ頑張っていこうと思います」と前向きに語った。

◆佐々木彩夏、公式インスタ開設

そして、メンバーの中で唯一開設していなかったInstagramアカウント(@ayaka_sasaki_official)を開設したことも発表。「頑なにここまでやってきてなかったんですけど時間もあるし、お家からなにか発信したいなと思ったときに、そろそろいい加減、正直やるタイミングも失ってたので(笑)」と自宅からファンに向けて発信したいという思いから開設を決意したという。

最後は「これから完全復帰してライブだったり色んなものを通して皆さんに恩返しできるようにまだまだ頑張りたいと思います」と明るい意気込みでメッセージを締めくくった。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】
《モデルプレス》

特集

page top