田川隼嗣、アミューズ退所&芸能界引退を発表「東京リベンジャーズ」「監察医 朝顔」など出演<本人コメント全文> | NewsCafe

田川隼嗣、アミューズ退所&芸能界引退を発表「東京リベンジャーズ」「監察医 朝顔」など出演<本人コメント全文>

芸能 モデルプレス/ent/wide/show
田川隼嗣(C)モデルプレス
【モデルプレス=2021/08/02】俳優の田川隼嗣(たがわ・しゅんじ/20)が8月2日、自身のInstagramを更新。7月31日に所属事務所のアミューズを退所し、芸能界を引退したことを発表した。

【写真】田川隼嗣、宮近海斗・永田崇人らと交流

◆田川隼嗣、アミューズ退所&芸能界引退

田川は「7月31日を持ちまして、俳優活動及び事務所を退所させていただきました」と報告し、「突然のご報告となってしまい、申し訳ありません」と謝罪。

「昨年の春頃から、自分の役者の在り方に悩むことがあり、仕事に集中できずに落ち込むこともありました。身近にいる方々に相談し、この結論に至りました」と退所、引退に至った経緯を説明した。

また「これまで田川隼嗣を応援していただいて本当にありがとうございます。幸せでした」とファンへの想いもつづり、「これまで応援してくださった皆さまとはまた別の形でお会いできるように頑張ります」と締めている。

◆田川隼嗣(たがわ・しゅんじ)プロフィール

田川は2000年12月25日生まれの20歳。2014年に「第24回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」で審査員特別賞を受賞し、芸能界入り。2017年『緊急取調室』第4話(テレビ朝日系)でTVドラマデビュー。

以降は舞台『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』(2017年)、『いまを生きる』(2018年)、木ノ下歌舞伎『糸井版 摂州合邦辻』(2019年)、映画『凜-りん-』(2019年)、ドラマ『荒ぶる季節の乙女どもよ。』(MBS・TBS系/2020年)などで活躍。フジテレビ系月9ドラマ『監察医 朝顔』では第1、2シーズンともに熊田祥太役を演じた。

2021年も映画『ブレイブ -群青戦記-』『東京リベンジャーズ』などの話題作に出演。そのほか、アミューズ所属の若手俳優による「チーム・ハンサム!」の一員として「2020 OVER THE RAINBOW PROJECT」にも参加するなど、多彩な活躍を見せていた。(modelpress編集部)

◆田川隼嗣コメント全文

いつも応援してくださっている皆さまへ

田川隼嗣です。
皆様にお知らせがあります。
7月31日を持ちまして、俳優活動および事務所を退所させていただきました。
突然のご報告となってしまい、申し訳ありません。

昨年の春頃から、自分の役者の在り方に悩むことがあり、仕事に集中できずに落ち込むこともありました。
身近にいる方々に相談し、この結論に至りました。

これまで田川隼嗣を応援していただいて本当にありがとうございます。
幸せでした。

これまで応援してくださった皆さまとはまた別の形でお会いできるように頑張ります。

田川隼嗣

【Not Sponsored 記事】
《モデルプレス》

特集

page top