東京五輪“山崎ランチパック”に外国人たちが大熱狂「朝食の王だ」 | NewsCafe

東京五輪“山崎ランチパック”に外国人たちが大熱狂「朝食の王だ」

芸能 まいじつ/entertainment
東京五輪“山崎ランチパック”に外国人たちが大熱狂「朝食の王だ」

(C)ShotPrime Studio / Shutterstock 


高温多湿の気候や外出制限の15分ルール、日本語のみ記載のエアコンに激狭宿舎と、外国記者・選手団からの批判が尽きない東京五輪。その様は当初打ち出していた『おもてなし』からは程遠いが、〝あるアイテム〟だけは記者の間で大人気となっているようだ。


【関連】小林賢太郎の解任を“イスラエル紙”が擁護! 騒動の戦犯が明らかに… ほか

そのアイテムとは、誰もが一度は口にしたことがある山崎製パンの製品『ランチパック』。プレス向けの軽食として会場に置かれており、記者たちの小腹を満たすのに一役買っている。山崎製パンがオリンピックの協賛企業に加入していないためか、ブランドロゴや商品名が隠され、プライベートブランドのようにシンプルなパッケージになっているのが特徴だ。


この人気をうかがえるのが、記者たちが個人で運用しているSNS。ツイッターを覗くと、複数の記者がこのランチパックを画像とともにツイートしているのが分かる。ドイツ出身でアメリカ・ホワイトハウスの記者会員でもあるフィリップ・クラウザー氏は、自身の公式アカウントでプレス向けに積まれたランチパックの画像をツイート。外側が閉じられたサンドイッチの形状に驚いたのか、口に合ったのか、はたまた合わなかったのかは不明だが、「カルチャーショック」とその衝撃を表している。



ラグビーワールドカップでも人気だったランチパック


カナダのカメラマンであるフランク・ガン氏も、会場をバックに手に持ったランチパックをパシャリ。ツイート本文には《朝食の王 とても美味しいです》とつづられており、いたく気に入った様子だ。



「色々と調べてみると、このサンドイッチには山崎製パンの製造所記号が入っているため、中身は他社の類似製品ではなく、ランチパックで間違いないよう。記者向けの軽食なので、日本メディアも無料で食べられます。しかし、味はジャム&マーガリンかピーナツバターで、他に並んでいるのもチョコとバナナしかないので、甘い物が苦手な記者には地獄かもしれませんね。実はこのランチパック、2019年のラグビーワールドカップでも記者向けに振る舞われ、好評を博しています」(週刊誌記者)


おにぎりを並べて日本食の魅力を広めても良かった気がするが、前回の好評を受けて提供されたようだ。




《まいじつ》

特集

page top