北川景子『リコカツ』最終回“キスシーン封印”が物議「残念すぎ」「なんでだ」 | NewsCafe

北川景子『リコカツ』最終回“キスシーン封印”が物議「残念すぎ」「なんでだ」

芸能 まいじつ/entertainment
北川景子『リコカツ』最終回“キスシーン封印”が物議「残念すぎ」「なんでだ」

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 


6月18日、北川景子が主演を務めるドラマ『リコカツ』(TBS系)の第10話・最終回が放送された。一貫して〝キスシーン〟が無く、視聴者の間で話題となっている。


【関連】『恋はDeepに』はまだ序の口? お茶の間を震撼させたクソドラマたち… ほか

同作は、運命的な出会いをし、〝交際ゼロ日婚〟した水口咲(北川)と緒原紘一(永山瑛太)が、新婚早々に喧嘩して、離婚に向けて話し合いを始めるラブストーリー。現代的で自由な家庭で育った水口と、厳格な自衛官一家で育った絵に描いたようなカタブツ人間・緒原のギクシャクした関係が描かれる。


第10話では、互いの気持ちを確かめ合った咲と紘一が、改めて交際をスタートさせた。関係を修復していく2人だが、咲は3年間のパリ研修の話を受けるかどうか悩んでいた。ようやく手にしたチャンスだが、紘一との新たな生活のことを考えると、なかなか答えを出せない。


紘一は咲の研修の話を知ると、仕事をやめて一緒にパリへと行こうとする。一方、咲は紘一のことを思って行かない決断をしようとする。そこで話し合いをした結果、紘一は日本で3年間咲を待ち続けることにした。忍耐強く紘一は咲を待ち続け、3年後に再会して物語は終わった。


キスシーン無し=DAIGOへの配慮説はデマ?


ハッピーエンドとなった同作だが、ラブシーンはハグするだけで、作中で一度もキスシーンがなかったことが視聴者の間で物議を醸すことに。最終シーンでも、咲がキスをする素振りを見せたが、その様子は隠されており、


《リコカツ、幸せなキスをして終了で良かった》

《最後までまたキスシーン無しか!笑 残念すぎる笑》

《リコカツなんでキスシーン映さないんだ! なんでだ!》

《結局最後まで自分からキスできない紘一さんが最高に愛おしい》

《なんだよ、キス見せろよー》

《最後ついにキスするかと思ったけどあの形でこそ2人って感じ》


といった声があがっている。


「紘一が超初心で硬派な男であることを意識して、キスシーンは封印されたのでしょう。しかしこのキスシーン封印演出によって、北川が夫のDAIGOに配慮してキスをNGにしているとの報道も出回ってしまいました。実際のところ、北川は結婚後も映画でキスシーンを披露していることから、特にNGではないようです」(芸能記者)


綾野剛&石原さとみ主演の『恋はDeepに』(日本テレビ系)は、無駄にキスを連発して総スカンを食らっていた。そう考えると、『リコカツ』のキスを封印した演出は大成功だったといえるだろう。





《まいじつ》

特集

page top