ミキ・亜生、不動産屋との契約トラブルの過去明かす「お兄ちゃんに泣きながら…」 | NewsCafe

ミキ・亜生、不動産屋との契約トラブルの過去明かす「お兄ちゃんに泣きながら…」

芸能 E-TALENTBANK
ミキ・亜生、不動産屋との契約トラブルの過去明かす「お兄ちゃんに泣きながら…」

5月10日、TBS系『霜降りミキXIT』にミキ・亜生が出演した。

【関連】ミキ昂生・亜生、引っ越しトラブルを告白「大荷物で東京来て…」

番組の中で思い出の場所を紹介する企画が行われ、亜生が大阪の千日前に過去に存在したという不動産屋を挙げると「大阪出てきて、そこで家契約するってなったら、なんか変な契約書を書かされそうになったんですよ」と、切り出す場面があった。

亜生は「でもその時に僕、前もってお金を10万円くらい(不動産屋に)預けてて。『返してください』って言ったら『返せません!』って言われて…」と、不動産屋でのやりとりを回想。

続けて「僕はどうしようもないから、とりあえず『じゃあもう僕帰ります』って言って帰って、ここの地下、バッて降りて、真っ暗なとこで、お兄ちゃん(昴生)に泣きながら『10万円が返ってけえへん…』っていって電話した場所です」と話し、周囲からは笑い声と共に「悲しい思い出」といった声が飛んでいた。


《E-TALENTBANK》

特集

page top