大泉洋、バラエティー出演への“本音”明かす「7割スベっても…」 | NewsCafe

大泉洋、バラエティー出演への“本音”明かす「7割スベっても…」

芸能 E-TALENTBANK
大泉洋、バラエティー出演への“本音”明かす「7割スベっても…」

3月28日に放送されたTBS系『林先生の初耳学』に、大泉洋が出演した。

【別の記事】大泉洋、紅白の白組敗因は自分?福山雅治からの指摘明かす「洋ちゃんのせい」

番組では、“仕事に対する向き合い方”に関する話題でトークが展開され、出演者の林修の“やりたいこと”を聞いたあとに大泉は、「僕はあれです、やっぱり役者の仕事ですね。ドラマ、映画」と切り出した。

続けて、「僕もう自分のバラエティーは、(明石家)さんまさんじゃないけど、大好きなんですよ」「もう手を叩いて見て笑うんですよ」と明かすと、林が「ご自身で観て?」とコメント。

これに対して大泉は、「バラエティーはだって面白くない所をカットしてくれるから。綺麗にしてくれるんだもん」「スベってたらカットしてくれるから全然楽しく見れるんですよ」と語った。

これを受け、林が「そのカットされたこと自体が負けって感覚はない?」と冗談交じりに質問すると、大泉は「林先生の生き方はツライ」「そんな生き方はツライですよ」と笑い声を上げていた。

さらに大泉は、「バラエティーは僕はもうあれです。3割バッターくらいでいいと思ってます」「7割スベっても、それはもうカットしてもらえばいいと。面白ければ面白いで3割使ってくれればいいよ、と私は思ってます」などと語っていた。


《E-TALENTBANK》

特集

page top