乃木坂46秋元真夏、アイドルとしてのバラエティの苦労?明かす「考えながら見なきゃ…」 | NewsCafe

乃木坂46秋元真夏、アイドルとしてのバラエティの苦労?明かす「考えながら見なきゃ…」

芸能 E-TALENTBANK
乃木坂46秋元真夏、アイドルとしてのバラエティの苦労?明かす「考えながら見なきゃ…」

3月14日深夜に放送されたテレビ東京系『乃木坂工事中』に、乃木坂46・秋元真夏が出演した。

【別の記事】秋元真夏、乃木坂46加入直後に経験した“あること”にスタジオ驚き「何もわからないまま…」

結成10周年イヤーを迎え、バラエティ番組に呼ばれる機会も増えた乃木坂46。番組では、そんな乃木坂46の先輩メンバーが、バラエティ番組で“VTRを見てコメントを要求されたときの対処法”をレクチャーするといった内容でトークが展開された。

この中で秋元は“番手を考えろ!”と切り出し、「一番手(にトークする人)っていうのは基本綺麗な人。番組に映ってすごい綺麗な人、女優さんとか可愛い人とか旬な人」とコメント。

続けて、「女優さん俳優さん答えて。で、そのあとにアイドル来て芸人さんみたいな」「女優さん俳優さんは面白いネタを持っていくじゃないですか」「で、芸人さんは自分で面白い話をしてくださるじゃないですか」「そこに挟まれたアイドルはなにを話したらいいのって状態になっちゃうので」と説明した。

さらに、「VTR見てるときも猫がでてきて『あ、可愛い~もうこの猫飼いたい』とか思ってる場合じゃなくて、ちゃんと何か考えながら見なきゃいけないっていう」と話し、周囲は笑いに包まれた。


《E-TALENTBANK》

特集

page top