高畑充希、朝ドラオーディション後の変化と自身の“夢”明かし「叶いつつあるのかな」 | NewsCafe

高畑充希、朝ドラオーディション後の変化と自身の“夢”明かし「叶いつつあるのかな」

芸能 E-TALENTBANK
高畑充希、朝ドラオーディション後の変化と自身の“夢”明かし「叶いつつあるのかな」

3月7日、フジテレビ系『ボクらの時代』に高畑充希が出演した。

【別の記事】星野源が「相当操られてる」と話す高畑充希の“操縦術”とは?

今回番組では、高畑とミュージカル『ウェイトレス』で共演する宮澤エマらとトークを展開。その中で、初ミュージカルについて質問された高畑は、14歳で出演した山口百恵のトリビュート・ミュージカル『プレイバック part2〜屋上の天使』がデビュー作だといい、その後15歳で上京してからは、6年間ミュージカル『ピーターパン』で主演を務めたと話した。

それを受けて宮澤が「元々舞台とかやりたいっていう気持ち?」と聞くと高畑は「元々は『奇跡の人』って、ヘレン・ケラーの舞台のヘレン・ケラーがやりたくて」「でもミュージカルも好きで。で、この世界に飛び込んで17歳の時にヘレン・ケラーをやれてしまって」「もう燃え尽き症候群。もうやりたいことはないってなっちゃって」「そっから若干彷徨い」といい、17歳で夢が叶ってしまったため、燃え尽き症候群になったと当時を振り返った。

そして高畑は「でも舞台は好きだからまぁずっと舞台をコンスタントにやってるうちに、21歳の時に朝ドラのオーディションに受かって。でそこから映像が、がって増えて」と話すと、「でも元々ミュージカルとか舞台を、ちょっとやっぱチケット高いし敷居が高いじゃないですか。だからそこを乗り越えてもらえる要素の一つになるのが夢だったから」「それに関しては叶いつつあるのかな」といい、自身がテレビ出演することによってミュージカルにも良い影響があるのではないかと話していた。


《E-TALENTBANK》

特集

page top