藤原竜也、“人違いLINE”を謝罪しウエンツ瑛士「そういうことだったの!?」 | NewsCafe

藤原竜也、“人違いLINE”を謝罪しウエンツ瑛士「そういうことだったの!?」

芸能 E-TALENTBANK
藤原竜也、“人違いLINE”を謝罪しウエンツ瑛士「そういうことだったの!?」

3月2日、日本テレビ系『火曜サプライズ』に藤原竜也とウエンツ瑛士が出演した。

【別の記事】藤原竜也、“ある人物”に勧められて最近ハマったアイドルを明かす「一緒に幕張行って…」

今回番組では、藤原をゲストに迎えウエンツとトークを展開。その中でウエンツはイギリス留学中に、映画の撮影でブルガリアにいる藤原から連絡があったことを明かした。

ウエンツが「『ブルガリアに今来い』的なこと言ってたけど『行けるわけねぇだろ』つって」とコメントすると、藤原は「そうなんだよ。あの横田栄司さんっているだろ?」「僕ら『よこちん、よこちん』なんて親しみ込めて呼んでて」と映画『太陽は動かない』で共演した横田栄司について説明。

そして藤原は、「よこちんに何かのタイミングで『来いよ来いよ』『ブルガリア早く来いよ』。『いや行けない行けない』って入ってくるわけ」とLINEでの会話を明かし、「どっちみち来る予定でその映画にも(横田が)出てるから。来る予定なんだから『いつ来るんだ?早く来いよ』とか言ってたら『いやもうフライトだから』って入るの。フライトってどういう意味だ?って」「その3日後ぐらいに気づいたんだけど、“えいじ”って、あ、ウエンツか!と思って」とウエンツと同じ“えいじ”という名前の俳優と人違いをしていたと話すと、ウエンツは「そういうことだったの!?」「なんか変だなと思ってたんだよ」とコメントした。

藤原は「それ謝んなくちゃいけなくて。横田栄司にLINEしてるつもりがずっとウエンツにやってて」と説明すると、ウエンツは「イギリスからブルガリアはそんなにはさ」「確かに2、3時間なのかなっていうけどそんな急に来いよって…」と半信半疑だった様子を明かし、藤原は「本当に申し訳ない」と謝罪していた。


《E-TALENTBANK》

特集

page top