キンコン西野、映画『鬼滅の刃』が“ヒットした法則”を明かし千鳥ノブ「ほんまや!」 | NewsCafe

キンコン西野、映画『鬼滅の刃』が“ヒットした法則”を明かし千鳥ノブ「ほんまや!」

芸能 E-TALENTBANK
キンコン西野、映画『鬼滅の刃』が“ヒットした法則”を明かし千鳥ノブ「ほんまや!」

1月26日、フジテレビ系『華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます!』にキングコング・西野亮廣と千鳥・ノブが出演した。

【別の記事】キンコン西野が提示した“次に狙うべきネットビジネス”に千鳥・大悟「会社作る」

番組では西野をゲストに迎え、“0円でエンタメビジネスをヒットさせる方法”について出演者らとトークを展開。その中で西野は、“映画のストーリーはネタバラシしろ”と発表した。

このことについて西野は「昔から我々これ全然やってるんですよ」といい「例えば旅行。知らない場所行ったことあります?パンフレットを見たかテレビで見たかネットで見たか、これを確認しに行ってません?」「つまり答え合わせしに行ってる」とコメント。

そして今は“無駄な時間やお金を使う時代ではない”といい、自身が制作総指導・原作・脚本を務める『映画えんとつ町のプペル』の例として「台本先に売ってるんです」と発言。出演者から「台本持って映画館行ってるってこと?」と話すと、西野は「そうです。これが映像になったらどうなるの?っていうところで」「この手法で1番成功したのがもうご存知、『鬼滅の刃』です」「みんな知ってるんですよ。ストーリー全部知ってんの。漫画で読んでる」「これが映像になったらっていう、その答え合わせだけで」と、ヒットする法則について説明した。

さらに西野は「恐ろしいのが今年ありましたよ、夏に」「ジブリですよ」というと、スタジオジブリがすでにテレビで何度も放送している『風の谷のナウシカ』『もののけ姫』『千と千尋の神隠し』『ゲド戦記』の4作品を全国372館の映画館で上映したところ大ヒットしたと話すと、ノブは「確かにほんまや!」「『プペル』行こうか、もう1回見た『鬼滅』もう1回行こうかほんまに迷ってる」といい西野に「迷うな!そこは」とツッコまれていた。


《E-TALENTBANK》

特集

page top