中条あやみ、イギリス人父への“反抗期”を回想「なんでそんな英語喋らなアカンのよ、とか…」 | NewsCafe

中条あやみ、イギリス人父への“反抗期”を回想「なんでそんな英語喋らなアカンのよ、とか…」

芸能 E-TALENTBANK
中条あやみ、イギリス人父への“反抗期”を回想「なんでそんな英語喋らなアカンのよ、とか…」

1月25日、日本テレビ系『人生が変わる1分間の深イイ話×しゃべくり007合体SP』に中条あやみが出演した。

【別の記事】中条あやみ「服がパツパツに…」“マッチョになった“体作り明かす「モリッて筋肉ができて」

番組では今回、中条がイギリス人だという自身の父親について語る場面があり、この中で「お父さんとか、イヤになる時期あるっていうじゃん?思春期に」といった質問が飛ぶ場面があった。

中条はこれに「思春期は確かにありましたね」と切り出しつつ「お父さんは英語で私に話しかけてくるので、お父さんも英語で返して欲しいみたいなんですよ。だけど『なんでそんな英語喋らなアカンのよ』とか」と回答。

さらに「一緒に洗濯物洗って欲しくないっていう時期もありましたね」と、父親への反抗期を振り返っていた。


《E-TALENTBANK》

特集

page top