犬の臭いが部屋に染みつく原因は何?部屋の消臭方法を工夫しよう! | NewsCafe

犬の臭いが部屋に染みつく原因は何?部屋の消臭方法を工夫しよう!

動物 MOFMO
 犬の臭いが部屋に染みつく原因は何?部屋の消臭方法を工夫しよう!

犬を飼育しているおうちを訪問した時、犬独特の臭いを感じ取った人は多いはずです。


自分たちが犬を飼育しているのであれば、同様に部屋が犬臭い可能性は十分にあります。自分たちの部屋の臭いには鈍感になりやすいので、お客さんを呼ぶ時などは注意が必要です。


また、飼い主さん自身も「最近、部屋が臭う」と感じることがあるかもしれません。そんな時にはどのように対処すればよいのでしょうか?


まずは、部屋の犬臭さの原因を突き止めましょう。そして、その原因を取り除くための消臭方法を徹底的に行うべきです。これから、部屋が犬臭くなってしまう原因と、おすすめの消臭方法をご紹介します。


犬の臭いが部屋に染みつく原因



犬

pixabay.com



部屋が犬臭いのは、2つの臭いの源があるからです。


1つは犬そのものです。犬が臭いので、その臭いが空気にのって部屋全体に広がってしまいます。


そしてもう1つは、犬の臭いが付着した「もの」です。特にカーペットや家具には犬の臭いが染み込みやすく、犬臭さの原因につながります。


2つの臭いの源を挙げましたが、根本原因は当然犬そのものです。それで、ここからは犬のどんな要素が臭いの原因となっているか解説していきます。


犬の排泄物処理が適切でない


最初に考えられるのは、犬の排泄物の臭いです。


犬は毎日欠かさずにうんちとおしっこをします。その処理が適切になされていないと、当然部屋も臭くなります。トイレの消臭が完全ではないのかもしれません。そうであれば、排便時の臭いが部屋中に付着してしまいます。


また、犬自体がトイレではない場所におしっこしている可能性もあります。特にアンモニア臭が強い場合は要注意です。犬の体に便や尿が付着している場合もありますし、そもそも犬の腸内環境が悪く、非常に臭い便になっているとも考えられます。


犬の体臭


犬にも体臭があります。定期的に洗っていなければ汚れや体臭が強くなり、犬そのものから強烈な臭いが漂ってきます。もちろんこの臭いは部屋中に付着するので、体臭を放っておくと対処がますます大変になると考えられます。


さらに、犬の被毛の中で雑菌が繁殖しているおそれもあります。雨の日やシャンプーの後の乾燥が不十分だと繁殖しやすいといえます。


犬の口臭


犬の口から嫌な臭いが漂っている場合もあります。人間と同様、食べた後に歯磨きをしないと歯垢や歯石がたまり、それが口臭の原因となります。


また、犬の口まわりも同じように、食べカスによって雑菌が繁殖しやすい状態になるといわれています。さらに、腸内環境の悪化も口臭の原因につながります。


犬臭い部屋の消臭方法



シャンプーをする犬

pixabay.com



では、犬の臭いが付着した部屋を消臭するにはどうすればよいのでしょうか?誰でも対策できる方法があります。いくつかご紹介していきます。


犬のシャンプーをする


まず大切なのは、臭いの源である犬を消臭してあげることです。1,2ヵ月ごとにシャンプーしてあげましょう。


ペット用の消臭シャンプーが販売されていますので、犬の体臭が気になる方はそちらを選択してください。また、シャンプー後は水気を完全に飛ばすようにドライヤーを活用しましょう。


犬の腸内環境を改善する


体臭や口臭対策のために、愛犬の腸内環境を整えてあげましょう。犬と人間は腸内にもつ酵素の種類が異なるので、人間のように食物繊維を与えればよいわけではありません。


腸内環境改善のサプリメントを活用したり、獣医師に相談したりしながら改善に努めましょう。


トイレ掃除&トレーニングを行う


排泄物の臭いが原因であるなら、トイレ掃除をさらにこまめにできるでしょう。消臭効果のあるトイレ素材を活用することもできます。


さらに、犬のトイレトレーニングを徹底することで、愛犬がトイレ以外の場所におしっこしないようしつけましょう。


空気清浄機を使用する


犬を飼育する以上、多少の犬臭さは生じます。その臭いがカーペットやカーテンに付着する前に、臭いが染みついた空気を入れ替えてあげましょう。空気清浄機を稼働させるなら、臭い防止に大きく役立ちます。


洋服の洗濯をこまめに行う


犬の臭いは服にも付着します。特に、しばらく洗っていないコートなどには犬の臭いがたくさん付着しています。洗濯またはクリーニングに出すことで消臭しましょう。


マット・カーテンの洗濯&消臭をする


マットやカーテンなどにも犬の臭いはしっかりと付着します。可能であれば、定期的に洗濯することをおすすめします。犬の寝場所があるような部屋のマットやカーテンは、丸洗いOKのものを選ぶのがおすすめです。


消臭効果のある壁紙を利用する


当然ですが、犬の臭いは壁紙にも付着します。長い間犬を飼育しており、なかなか部屋から臭いが取れない場合は壁から臭っている可能性が高いです。


壁紙を張り替えましょう。最初から消臭効果のある壁紙を選択するのも1つの手段といえます。


ペット用の消臭剤を活用する


ペット用の消臭剤も活用しましょう。空気中の犬の臭いを吸収してくれるので、部屋に臭いが吸着する前に対処できます。


《MOFMO》

特集

page top