【ハンドボール】彗星JAPAN、アルゼンチンに惜敗で8強入り逃す | NewsCafe

【ハンドボール】彗星JAPAN、アルゼンチンに惜敗で8強入り逃す

社会 ニュース
【ハンドボール】彗星JAPAN、アルゼンチンに惜敗で8強入り逃す

男子ハンドボール世界選手権は、メインラウンド(2次リーグ)各試合が21日に行われ、日本代表「彗星JAPAN」アルゼンチンに24-28で破れ接戦を落とした。この敗戦で、日本の準々決勝進出の可能性は消滅した。


◆第27回男子ハンドボール世界選手権 試合日程、「彗星JAPAN」メンバー、配信情報一覧


24年ぶり2度目となるメインラウンド進出を果たした日本であったが、2020年の中南米選手権を制した強豪アルゼンチンの壁は高かった。


日本は前半からリードを許すなど苦しい立ち上がりに。13-17からスタートした後半は、最大7点差をつけられながら盛り返したものの、相手GKの好セーブなどもあり、逆転には至らなかった。


国際ハンドボール連盟(IHF)公式サイトに掲載された速報では、日本について「東江雄斗の良い動きもあり、諦めずに点差を詰めていった。アルゼンチンのコーチ、マノロ・キャデラスは(日本の反撃に)感情的なリアクションをみせるなどし、イエローカードを与えられた」と、“意地の逆襲”に一定の評価を与えている。


次戦は23日(日本時間24日4時半)、前回王者のデンマークと激突する。熱戦の連続で「彗星JAPAN」の地力が高まってることは間違いない。ひとつでも上の順位を目指し、強豪相手にどこまで迫ることができるか。


第27回男子ハンドボール世界選手権 試合日程、「彗星JAPAN」メンバー、配信情報一覧


文・SPREAD編集部


《SPREAD》

特集

page top