『とくダネ!』犬の虐待映像を垂れ流して批判殺到「心が痛い」「小倉も同罪」 | NewsCafe

『とくダネ!』犬の虐待映像を垂れ流して批判殺到「心が痛い」「小倉も同罪」

芸能 まいじつ/entertainment
『とくダネ!』犬の虐待映像を垂れ流して批判殺到「心が痛い」「小倉も同罪」

(C)まいじつ


1月12日の『とくダネ!』(フジテレビ系)で、犬の虐待に関するニュースが放送され、視聴者からは番組の姿勢に批判の声が。また、番組内で紹介された犬の保護を行う人物について、視聴者たちの間で、元プロ野球選手の名前が浮上したようだ。


【関連】金曜ロードSHOW『パラサイト』にお茶の間凍り付く…「ほんと気まずかった」 ほか

番組では、飼い犬への悪質な虐待を行う飼い主を直撃。まずは近隣住民が撮影した、飼い主が角材で犬を殴打する姿を映した動画を放送した。その後、飼い主が「私は古い人間だから」といった言い訳をするインタビュー映像も流されたのだった。


しかも、この虐待VTRでは、殴打されて悲痛な鳴き声を上げる犬の姿も。偶然見てしまった視聴者は、虐待を受ける犬を直視することができなかったようで、


《犬の虐待映像見るに耐えない。犬の鳴き声聞くの辛い》

《犬の虐待映像を流す時に、これはハネるぞって喜々としている制作側を想像すると気持ち悪くなる。打ち合わせをしてGOした小倉も同罪》

《テレビでいきなり犬の虐待がそのまま流れてきて、チャンネル変えたわ。あんなもん注意もなくそのまま流すとか何考えてんだ》

《とくダネで流れてた犬を虐待する動画、めちゃくちゃ見てて辛かったらあんな長々と流さないで欲しい。心が痛い》


などと激しい嫌悪感を訴えていた。


犬を保護したのはシャープなアゴのあの人?


また番組では、虐待を受けていた犬が無事に保護されたことも紹介。先月24日に動物愛護団体で保護され、今ではポン太という名前で〝門倉さん〟という人に預けられているという。実際に門倉さんもVTRで登場し、ポン太に愛情が注がれている様子も紹介されていた。


この保護をしている門倉さんという人物、番組内で詳しく取り上げられなかったものの、一部の視聴者は誰だか気がついていたようだ。ネット上には、


《門倉さんって元プロ野球選手の門倉やん!》

《なるべく目立たないように振る舞ってたけど、そのアゴ全然隠せてないからバレバレだよ!》

《虐待されていた保護犬のポン太君を預かっている男性って、元プロ野球選手の門倉さんだよね?》

《完全に元ベイスターズの門倉だった。いい人だ》


など、元プロ野球選手・門倉健だと指摘する声が。どうやら特徴的なアゴでバレてしまったようだ。


「門倉氏は大の動物好きとして知られ、プロ野球指導者を務めながら、動物愛護活動にも力を入れています。今までに殺処分寸前の犬の里親にもなったことがあり、日夜恵まれない動物たちのために奮闘しているようでした」(芸能ライター)


今年3月での番組終了が発表された『とくダネ』。門倉氏のように優しい姿勢で報道を続けてほしいものだ。




《まいじつ》

特集

page top