『イッテQ!』放送事故レベルの映像に悲鳴「地獄だ」今週の芸能ニュースTOP10 | NewsCafe

『イッテQ!』放送事故レベルの映像に悲鳴「地獄だ」今週の芸能ニュースTOP10

芸能 まいじつ/entertainment
『イッテQ!』放送事故レベルの映像に悲鳴「地獄だ」今週の芸能ニュースTOP10

(C)まいじつ 


いろんな事件が相次いだ今週の芸能界。旬の話題をお届けする『まいじつ』で、今週最も話題となった芸能記事をご紹介します(11/19配信まで、独自ポイントで集計)。


1位 『イッテQ!』放送事故レベルの映像垂れ流しに悲鳴「やばすぎ」「地獄だ」 225pt.


『イッテQ!』放送事故レベルの映像垂れ流しに悲鳴「やばすぎ」「地獄だ」



2位 『東大王』鈴木光“セーラー服”のJK写真公開で喝采「クラスのアイドルだ」 137pt.


『東大王』鈴木光“セーラー服”のJK写真公開で喝采「クラスのアイドルだ」



3位 『月曜から夜ふかし』一般人ブチギレ! 失礼インタビューに非難「怒って当然」 136pt.


『月曜から夜ふかし』一般人ブチギレ! 失礼インタビューに非難「怒って当然」



4位 鳥貴族・大倉忠義よりもお坊ちゃん? 実は“家柄”が凄い芸能人たち 92pt.


鳥貴族・大倉忠義よりもお坊ちゃん? 実は“家柄”が凄い芸能人たち



5位 坂口杏里の“すっぴん”に恐怖「破裂しそう」「違和感しかない」 90pt.


坂口杏里の“すっぴん”に恐怖「破裂しそう」「違和感しかない」



6位 『ロンハー』芸人が感動の涙… 視聴者もらい泣き「ロンハーで泣くなんて」 73pt.


『ロンハー』芸人が感動の涙… 視聴者もらい泣き「ロンハーで泣くなんて」



7位 共演NG!?『アメトーーク!』芸人同士の“マジ喧嘩”にハラハラ「嫌いそう」 66pt.


共演NG!?『アメトーーク!』芸人同士の“マジ喧嘩”にハラハラ「嫌いそう」



8位 福山雅治の“地上波1時間ライブ”開催に大ブーイング「ケーブルテレビで十分」 64pt.


福山雅治の“地上波1時間ライブ”開催に大ブーイング「ケーブルテレビで十分」



8位 映画『十二単衣を着た悪魔』大爆死!「黒木瞳は監督に向かない」と酷評の嵐 64pt.


映画『十二単衣を着た悪魔』大爆死!「黒木瞳は監督に向かない」と酷評の嵐



10位 『CDTV』で大暴れ! パフォーマンス中に胸元が…「ボタンが弾け飛んだ」 53pt.


『CDTV』で大暴れ! パフォーマンス中に胸元が…「ボタンが弾け飛んだ」



『東大王』鈴木光の“セーラー服”JK写真に喝采!


今週最も話題になったのは、11月15日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)にまつわる話題。宮川大輔らは『宮川探検隊』の企画で、奄美群島を訪問しました。


まず珍獣・アマミノクロウサギを探すことに。夜行性の動物のため、日中は森や海で食材を調達します。


道中、同行したADが宮川に、木の葉に大量のカメムシが密集していると声かけ。カメムシは夏の暑い間、涼しい場所に集まって涼むそう。これを見て宮川は「超気持ち悪い!」と恐れおののいたが、気を取り直してADに対し、カメムシをアップにして撮影するように指示します。


この一連のシーンで、カメムシが映り続けたことに、視聴者は悲鳴をあげていました。


《カメムシの集団とかまあまあの恐怖映像》

《この時間にカメムシのくだりいらなくない》

《カメムシ×集合体はやめてくれ~~苦手×苦手で地獄だよ~~》

《イッテQのカメムシやばすぎwww 放送事故レベルwww》

《カメムシでかすぎる!》

《大量のカメムシきっつ あんなの見たら本当に悲鳴出そう》

《イッテQご飯時なのにこんな大量のカメムシ写してええんか!?》

《いや、ちょ、イッテQないわ! ないわ! グロ画像やめー!》


生きているだけで「グロい」と言われてしまうカメムシも気の毒ですね…。


続いては、大人気クイズ番組『東大王』(TBS系)に出演中の現役東大生・鈴木光にまつわる話題。彼女は11月11日にインスタグラムを更新し、美しいサンゴと魚の写真や、マーライオンの写真などを投稿しました。


その中で注目を集めたのが、セーラー服を着た〝JK時代〟の鈴木の写真でした。


この貴重な1枚に、ファンからは


《高校生時代も今もかわいすぎです!》

《高校生の時の光ちゃんとってもかわいいです ショートもいいけど、光ちゃんのポニーテールがまた見たいです》

《セーラー服光ちゃんとんでもなくかわいいですね!》

《こんな女子高生いたら、クラスのアイドルですよ》

《高校生の頃も変わらずおキレイですね》


など、大絶賛の声が寄せられていました。


果たして、来週はどんなことが話題になるのでしょうか。




《まいじつ》

特集

page top