どの犬種を飼ったらいいか悩んでる方必見!可愛い犬ランキングTOP5を一挙紹介! | NewsCafe

どの犬種を飼ったらいいか悩んでる方必見!可愛い犬ランキングTOP5を一挙紹介!

動物 MOFMO
 どの犬種を飼ったらいいか悩んでる方必見!可愛い犬ランキングTOP5を一挙紹介!

私たちが犬を「可愛い」と感じるのにはそれなりの理由があります。例えば表情の豊かさはその理由の1つです。


犬は表情がとても豊かで様々な表情を見せてくれます。うれしい顔や困ったような顔、不思議そうな顔などを見ていると飽きません。また、尻尾でも様々な表現をしてくれます。仕事から帰ってきた時に、犬が玄関で嬉しそうに尻尾を振って出迎えてくれる時など、とてもうれしく感じます。


さらに、犬は飼い主さんに従順な生き物です。飼い主さんや家族に忠誠心があり、番犬として家族を守ってくれますし、辛い時には慰めてくれるかのように傍にいてくれます。


そんな可愛い犬を家族に迎えたいと思うのは自然なことです。


人気の可愛い犬ランキングTOP5!



犬と女性

pixabay.com



犬の種類によって性格や大きさは異なります。飼い主さんの住む環境によっても、飼いたい犬の種類が変わってくるに違いありません。


これから犬を飼う予定の方のために、これから可愛い犬のランキングTOP5をご紹介します。


1位「柴犬」



2匹の柴犬

pixabay.com



柴犬はクルッとした尻尾とキリリとした耳が特徴で、日本だけでなく海外でも人気のある犬です。柴犬は歴史のある犬で、狩猟犬として縄文時代から飼われていました。


日本を原産国とした純血種のことを「日本犬」といいますが、日本犬は6種類しかなく、そのうちの1つが柴犬です。なお、日本犬の中で小型犬なのは柴犬だけです。


特徴


柴犬の体毛は「ダブルコート」といわれている二層構造になっており、外側に硬い直毛があって、内側には柔らかい毛が生えています。


柴犬の毛の色は、黒色、赤色、胡麻色(赤胡麻・黒胡麻)の3種類あります。少数ですが、白色の柴犬もいます。柴犬のほとんどは赤色をしており、この色が全体の80%を占めます。どの色であってもお腹やあご下の毛が白いのが一般的です。


柴犬のメスの体高は約36.5センチ、オスの体高は約39.5センチになり、筋肉質の体格をしています。


性格


柴犬の性格は、勇敢であり活発です。信頼している飼い主さんに対しては非常に忠実です。しかし、知らない人に対しては警戒心が強く攻撃的になることもあります。オスの柴犬は特に警戒心が強いといわれています。


柴犬は一度主人と認めた飼い主さんに対してはずっと忠誠心があるため、良いパートナーになってくれることでしょう。


2位「チワワ」



チワワ

pixabay.com



チワワは、大きな目が特徴の犬で、手の上にも乗るほど小さな体が特徴です。日本ではCMに出てから人気が高まり,人気ランキングでも上位を保っています。実際、チワワが散歩している様子をよく見かけることがあります。


特徴


チワワの被毛タイプは2種類です。長毛で耳や首に飾り毛があり手触りが柔らかい「ロングコート」と、短毛で滑らかな毛で覆われている「スムースコート」です。


ロングコートのチワワはダブルコート、スムースコートのチワワはシングルコートになります。チワワの毛の色には、ホワイト色、レッド色、クリーム色、ブラック&ホワイトなどがあります。


性格


チワワの性格は、見た目の可愛らしい容姿とは異なり勇敢で物怖じをしない性格です。そして、明るい性格で賢い犬なので教えたことをよく覚えます。そのため、比較的しつけがしやすい犬といえます。


また、飼い主さんや家族に対して忠誠心が強い犬です。チワワは、飼い主さんや家族とのスキンシップが好きなので、一緒に遊んだり散歩してあげるととても喜んでくれます。


チワワは飼い主さんに甘えるのが上手ですが、犬なのに猫のように気まぐれなところがあります。また、警戒心が強い犬なので小さな身体で知らない人に吠えることもあります。


チワワの可愛らしさゆえに飼い主さんは甘やかしてしまいがちですが、甘やかしてばかりいると自分の方が上だと勘違いをしてしまい、やがて飼い主さんの言うことを聞かなくなります。


そうなると、チワワにとっても飼い主さんにとっても幸せではありません。そうならないように、子犬の頃からきちんとしつけをすることが大切です。


3位「トイプードル」



2匹のトイプードル

pixabay.com



トイプードルは元々水辺でカモを狩る狩猟犬でしたが、16~17世紀頃からフランスの貴族の間で人気を集めるようになりました。


プードルのサイズの区分があり「スタンダードプードル」「ミディアムプードル」「ミニチュアプードル」「トイプードル」の4つのタイプがあります。


近年「タイニープードル」や「ティーカッププードル」という、トイプードルよりももっと小さいものが登場しましたが、この2つは「JKC(ジャパンケネルクラブ)」には認められていないため「トイプードル」に分類されます。


特徴


トイプードルは巻き毛が特徴で、成犬でも体高が24~28センチの小型犬で可愛らしい犬です。


トイプードルの被毛は弾力性がありフワフワしています。トイプードルの毛の色はホワイト、レッド、ブラック、グレー、ブラウンなど様々です。


トイプードルは温厚で人懐っこく利口なので、初めて犬を飼う人にもオススメです。また、トイプードルは他の動物とも一緒に生活することが可能な犬です。


トイプードルは知らない人に威嚇したり、吠えたりすることがあまりないため、集合住宅でも安心して飼うことができます。


4位「ポメラニアン」



ポメラニアン

pixabay.com



ポメラニアンは、ぬいぐるみのように目がクリクリしており、長い毛並みを持ち、足は細くて短く尖った耳をしているのが特徴の犬です。


ポメラニアンの被毛は「ダブルコート」です。ポメラニアンの毛の色はレッド、ブラック、ホワイト、チョコレートなどがあります。


ポメラニアンはフレンドリーで元気一杯の犬です。飼い主さんや家族に対して甘えん坊なところがありますが、留守番は苦手ではありません。自立心があるのでそれほど心配する必要はありません。


可愛らしい顔をしているポメラニアンですが、神経質な一面もあり、知らない人や大型犬にも吠えることがあります。また、興奮しやすいところがあるので、子犬の頃からきちんとしつけてあげる必要があります。


ポメラニアンは小柄ながらも体を動かすことが大好きなので、遊ぶ時間も十分にとってあげるようにしてください。


5位「ミニチュアダックスフンド」



ミニチュアダックスフンド

pixabay.com



ミニチュアダックスフンドは、胴体が長く足が短いのが特徴の犬です。顔は面長で、筋肉質の身体をしています。


ダックスフンドのサイズには「スタンダードダックス」「ミニチュアダックス」「カニンヘンダックス」の3つがあります。ミニチュアダックスは中間のサイズになります。


ミニチュアダックスフンドは、明るく好奇心旺盛で飼い主さんにとても従順です。運動が大好きなので、散歩の時間を十分とってあげてください。


まとめ


可愛い犬についてのランキングを見てきました。どの犬の種類を飼おうか迷っている方はランキングを参考にしてみてください。


「犬を飼うことによって家族の会話や笑顔が増えた」という方は少なくありません。これから長い時間を一緒にする家族なので、購入する時は慎重に考えてから迎える子を選んであげてください。


《MOFMO》

特集

page top