人気な猫種ランキングTOP10!特徴と性格をあわせてご紹介します | NewsCafe

人気な猫種ランキングTOP10!特徴と性格をあわせてご紹介します

動物 MOFMO
 人気な猫種ランキングTOP10!特徴と性格をあわせてご紹介します

ペットといえば「猫」と考える人は多いでしょう。それだけ猫は皆から愛されており、たくさんの猫種も存在します。当然人気な猫種も出てくるものです。今回は、最近の猫種ランキングをご紹介します。


第1位:スコティッシュフォールド



スコティッシュフォールド

pixabay.com



ランキング1位に輝いたのは、イギリス原産のスコティッシュフォールドです。


愛玩猫として非常に高い人気を維持しており、過去のランキングでも上位をずっとキープしています。


特徴


「折れ曲がり」を意味する「フォールド」が名前に含まれているように、丸くて前方に折れ曲がった耳が特徴的です。


加えて、顔や身体も丸みを帯びており、独特の可愛らしさを醸し出しています。その特徴からフクロウのようだといわれることもあります。


性格


とても穏やかな性格であり、あまり鳴かないという特徴があります。また、甘え上手で人懐っこいので、飼い主さんたちと一緒に過ごすのが大好きです。


その性格から「犬のような性格」といわれることもあります。


第2位:マンチカン



マンチカン

pexels.com



北アメリカを起源とするマンチカンが第2位です。


胴長短足という特殊な身体が人気を博し、歩き方が「可愛い」として多くの飼い主さんを魅了しています。


特徴


「ダックスフントのような体型」だといわれており、やはり短い足が特徴です。体重は2~4キロほどで、猫種の中でもやや小さめになります。


被毛やカラーのバリエーションは豊富で、長毛種もいれば短毛種も存在します。中には、通常と同じ足の長さのマンチカンも存在します。


性格


比較的おとなしい性格であり、多頭飼いでも問題ありません。


また、好奇心が強い方なので、おもちゃで遊んであげると喜んでくれます。


第3位:アメリカンショートヘア



アメリカンショートヘア

pixabay.com



幅広い世代から根強い人気を誇るアメリカンショートヘアが第3位にランクインしました。


日本では1990年代後半から人気が上昇しはじめ、現在では「アメショー」と呼ばれるほど親しまれています。


特徴


中型の猫であり、足が大きくがっしりとした体格です。


被毛は短いながら、やや厚めに覆われており、安定感のある見た目をしています。日本ではシルバーの地毛に黒の模様がかかったカラーが一般的ですが、その他のバリエーションも存在しています。


性格


基本的には明るく賢いのですが、やや慎重なところもあります。


そのため、家族以外の人間には強い警戒心を抱くこともあるようです。仲良くなった後は深い関係を築けるので、家族が多い飼い主さんに向いています。


第4位:ノルウェージャンフォレストキャット



ノルウェージャンフォレストキャット

pixabay.com



ノルウェーで非常に有名な猫が日本の猫種ランキングでも上位を得るようになりました。


「ノルウェーの森林猫」という名前であり、ノルウェーのような寒冷な気候にも適応する長毛種です。


特徴


身体はやや大きめで、全体的には細身でありながら、たくましさも備えた体つきをしています。


ダブルコートの長毛がしっかりと生えているため寒さに強いですが、被毛のお手入れはこまめに行う必要があります。


性格


知的かつ穏やかな性格をしています。また、非常に忍耐強いことで有名で、ストレスにも強いとされています。


ただし、寂しがり屋な側面もあるので、飼い主さんは適度に構ってあげる必要があるでしょう。


第5位:ブリテッシュショートヘア



ブリティッシュショートヘア

pixabay.com



ブリテッシュショートヘアはローマ人がイギリス諸島に運び込んだローマの猫が起源となっています。


歴史ある猫も高い人気を維持しています。


特徴


被毛が大きな特徴となっています。名前の通り短毛種であり、短く整った美しいブルーの被毛が印象的です。ブリテッシュショートヘアの人気の秘密は、この美しいブルーのカラーにあるといっていいほどでしょう。


身体はがっちりしており、重量感があります。


性格


静かなで穏やかな性格をしており、絆が形成されると深い関係になりやすいです。


一方、触られるのを嫌がる側面も持ち合わせており、「独立心が強い」との評価を受けることもあります。


第6位:ベンガル



ベンガル

pixabay.com



野生のトラの小型版を飼っているような感覚が味わえる「ベンガル」が6位にランクインしています。


原産国はアメリカで、野生のベンガルヤマネコとイエネコの交配によって生まれました。


特徴


ベンガルの特徴はその見た目にあります。ヒョウ柄もしくはトラ柄のような独特な模様を持っており、多くの人の目を引きます。


野生のヤマネコの血が強いのか、身体はスリムでありながら筋肉質で引き締まっており、運動が得意です。


性格


野性的な見た目に反して、温和で甘えん坊な性格をしています。このギャップが人気の秘密ともなっています。


遊ぶことが大好きなので、おもちゃやキャットタワーを準備してあげるべきです。


第7位:ラグドール



ラグドール

pixabay.com



「ぬいぐるみ」を意味するラグドールも高い人気を維持しています。


白くてぬいぐるみのような毛質から、愛玩動物として人気です。ただ座っているだけでも絵になる美しさなのでおすすめです。


特徴


ミディアムロングの被毛を持つ猫であり、真っ白なカラーに耳と顔、足などにこげ茶のポイントが付いているのが特徴です。


身体は大き目であり、中型~大型に分類されます。尻尾も長く、全体的に重量感のある猫です。


性格


ぬいぐるみという名前のとおり、抱っこされるのを好みます。そのため、人間の子供たちとも仲良く過ごすことができます。


温厚で落ち着いており、大声で鳴くことはありませんから、集合住宅などでも飼育しやすいタイプです。


第8位:ロシアンブルー



ロシアンブルー

pixabay.com



ロシア原産のシャープで美しい猫が8位となりました。


ランクインしている猫種の多くが「可愛らしい」分野に入りますが、ロシアンブルーは一線を画す存在であり、可愛らしいというよりも、「美しい」「優美」と表現されることが多い猫種です。


特徴


短毛種であり、単色のブルーが独特の美しさを際立たせています。


また、フォーリン・タイプと呼ばれる非常にスリムで優美な体つきを持っています。さらに、口角がわずかに上がっており、通常の状態で微笑んでいるようにも見えます。非常に「絵になる」猫種です。


性格


忠実で犬のような性格と評されます。懐いた相手にはかなり信頼を置くようですが、そうでない相手にはそっけない態度を示すこともあります。


もちろん、猫のような性質も持ち合わせており、プライドが高く、自由気ままで独立的なところもある猫種です。


第9位:メインクーン



メインクーン

pixabay.com



「ジェントルジャイアント」という愛称を持つメインクーンが9位になりました。


非常に身体の大きい猫であり、アメリカが原産だといわれています。


特徴


猫の中でも特に身体が大きく、実際世界で一番大きい猫として記録されている猫がメインクーンです。


また、三角に尖った大きな耳や太くてフサフサな尻尾が特徴的です。首元から胸にかけてライオンのたてがみのような被毛が垂れているところも強い印象を与えるでしょう。


性格


温厚で懐きやすく、飼い主さんだけでなく他の猫や動物とも仲良くできます。


また、鳥のさえずりに例えられるほど鳴き声が小さいので、集合住宅などでもトラブルなく飼育できる猫種です。


第10位:ペルシャ



ペルシャ猫

pixabay.com



長毛種の代表的な品種で、昔から高い人気を維持しています。近年では新しい品種がどんどん産出されていますが、それらに負けない美しさと可愛らしさを楽しめます。


イラン原産の猫であり、キャットショーで古くから活躍してきたという経歴があります。


特徴


フサフサとした豊かな被毛に全身が覆われています。また、ずんぐりとした体つき、短い足、低い鼻というユニークながらも可愛らしい外見をもちます。


被毛の美しさやたたずまいから上品なイメージがあり、そこが人気の秘密でもあります。


性格


穏やかで落ち着いた性格をしています。そのため、ワガママになったり神経質になったりすることもほとんどないでしょう。


ゆったりとくつろぐことが好きなので、お留守番も比較的得意なほうです。


《MOFMO》

特集

page top