吉高由里子の“座長ぶり”に横浜流星も感服「見習うことしかない」 | NewsCafe

吉高由里子の“座長ぶり”に横浜流星も感服「見習うことしかない」

芸能 E-TALENTBANK
吉高由里子の“座長ぶり”に横浜流星も感服「見習うことしかない」

10月16日放送の日本テレビ系『スッキリ』に、10月23日公開の映画『きみの瞳が問いかけている』でダブル主演を務める、吉高由里子と横浜流星がVTR出演した。

【別の記事】吉高由里子、“女優にあるまじき行動”を暴露され「お前死ぬぞって…」

VTRの中で、吉高は、今回の映画の撮影初日に“あること”で共演者に驚かれたとして、「撮影がないのに現場に行った」と明かした。

続けて、自身の撮影がないにも関わらず現場に行った理由として、「早く(共演者と)会いたいなと思って」「撮影の現場の様子とか知りたいから行った、ってだけなんだけど」と語った。

これを受け、横浜が、「俺も、もし座長になった時に、そういう人でありたいな」とコメントすると、吉高は笑いつつ、「いや、毎回やってるわけじゃないよ」「ちょっと後ろめたさがあるから言うけど。毎回じゃないから」と、補足を加えた。

すると、横浜は、「じゃあ、この作品にそうやってくれたっていうことは嬉しいですね」と話し、「もう見習うことしかない」と、改めて、吉高に感服していた。


《E-TALENTBANK》

特集

page top