YAMAP、コースタイムを自動計算する登山計画機能&フィールドメモ機能を搭載 | NewsCafe

YAMAP、コースタイムを自動計算する登山計画機能&フィールドメモ機能を搭載

スポーツ サイクルスタイル/スポーツ/短信
YAMAP、コースタイムを自動計算する登山計画機能&フィールドメモ機能を搭載
  • YAMAP、コースタイムを自動計算する登山計画機能&フィールドメモ機能を搭載
  • YAMAP、コースタイムを自動計算する登山計画機能&フィールドメモ機能を搭載
  • YAMAP、コースタイムを自動計算する登山計画機能&フィールドメモ機能を搭載
  • YAMAP、コースタイムを自動計算する登山計画機能&フィールドメモ機能を搭載
  • YAMAP、コースタイムを自動計算する登山計画機能&フィールドメモ機能を搭載
  • YAMAP、コースタイムを自動計算する登山計画機能&フィールドメモ機能を搭載
  • YAMAP、コースタイムを自動計算する登山計画機能&フィールドメモ機能を搭載
  • YAMAP、コースタイムを自動計算する登山計画機能&フィールドメモ機能を搭載
登山アプリ・Webサービス「YAMAP」を運営するヤマップは、YAMAPが提供するすべての地図(約21,000座)に、新しい登山計画機能とフィールドメモ機能の提供を開始した。

新しくなった登山計画機能には、コースタイムの自動計算を実装。スタート地点と次のポイントを選ぶだけでコースタイムが自動で計算されるため、手動で入力する必要がない。初心者からベテランまで無理のない登山計画を立てることができる。

遠い目的地を選んでも、自動で辿り着くまでに必要な経路を探索。所要時間とともに表示される。時間は、歩くペースに応じて早めたり遅らせたりすることが可能だ(コースタイムの倍率変更)。現在、YAMAPで作成した登山計画が正式な登山届として受理される取り組みを長野県と行っているが、今後は他地域、自治体との連携・展開を早めていく。

フィールドメモ機能は、登山文化に根付く“共助”の思想に則った新機能で、現地でしか得られない貴重な情報を地図上で一覧できる。現地で得られた登山活動中の「危険な箇所」や「おすすめのスポット」など様々な「フィールドメモ」をその場で投稿すると地図上に集約表示する。今後は登山だけでなく、水害や地震など大規模災害発生時の情報共有機能としての応用を目指す。
《美坂柚木》

特集

page top