小林麻耶“『2ちゃん』創設者”にやつ当たり! 生放送で怒り爆発も呆れ声 | NewsCafe

小林麻耶“『2ちゃん』創設者”にやつ当たり! 生放送で怒り爆発も呆れ声

芸能 まいじつ/entertainment
小林麻耶“『2ちゃん』創設者”にやつ当たり! 生放送で怒り爆発も呆れ声

(C)まいじつ 


フリーアナウンサーの小林麻耶が10月15日、『グッとラック!』(TBS系)に出演。ネット上の匿名での誹謗中傷問題について、涙ながらに私見を述べたところ、視聴者から戸惑いの声が多くあがっている。


【関連】高嶋ちさ子への“誹謗中傷”が止まらない! 炎上商法疑惑浮上でカオス展開に ほか

コトの発端は、「ホリエモン」こと堀江貴文氏が起こした餃子店でのマスクの着用を巡るトラブル。番組の取材によると、トラブル以降、お店は日に40件ものいたずら電話やSNSでの誹謗中傷、さらに〝迷惑系ユーチューバー〟の類と思われる不審な人影に悩まされているという。


この事態を改善しようと働きかけているのが、同番組の水曜レギュラーで『2ちゃんねる』創設者の西村博之(ひろゆき)氏。彼が自身のツイッターで、ネット通販やデリバリーの提案をしていることが番組で紹介されると、出演者はこぞって称賛した。


だが小林は、この行為に賛同しつつも曇った表情で「なんかひろゆきさんが素晴らしいみたいな展開になってますけど、ひろゆきさんがつくった『2ちゃんねる』という世界には、いろんな誹謗中傷や悪口がある。本音の本音の部分というか、聞きたくない部分が全部吐き出されている世界をつくった方だと思う」とコメント。続けて、「2ちゃんねるから派生して傷ついた人がいる」などと熱く語った。


しかし途中、「なにが言いたいんでしたっけ」と突然混乱し、最後は「ネットで大変なことになって休業に追い込まれた人たちを、全部ひろゆきさんが救っていったらいいんじゃないでしょうか」と大規模な提案をして締めるのだった。


純真な心優しい少女が生きづらい世の中


「麻耶は、妹・麻央さんが亡くなった当時、ネットの誹謗中傷に悩まされていたため、ついこういったテーマだと感情的になってしまうようです。現に、今月1日の放送でも、匿名での誹謗中傷に対し、ズルさや非合理性を目に涙をためながら説いていました」(芸能ライター)


小林の訴えに対し、視聴者からは


《朝から涙してしまった》

《伝えたいことは伝わってきた》

《色々叩かれたりしてきたから、叩かれる人の気持ちを強く代弁したいんだろうなぁ》


などと理解ある声があがっている。しかしその一方で「2ちゃんねる」、ひいては2ちゃんねるというサービスを作ったひろゆきも悪だとする〝思想〟に対し、


《感情的になりすぎじゃないか? 論点が飛躍しすぎると反感が生まれてしまわんかね?》

《自分が誹謗中傷されて辛かったのは理解できるが、それをひろゆきに向けるのは本当にお門違い》

《気持ちはわからなくはないけど、今回の件でひろゆきは部外者にすぎないんだから… 少なくとも被害者は感謝してるしね…》


などと、冷静にツッコミを入れる声が多く続出している。


小林のような心のキレイな人は、この現代社会では居心地が悪いのかもしれない。




《まいじつ》

特集

page top