関ジャニ∞安田章大、闘病時の心境を吐露「今が楽しいって思える感情を常に…」 | NewsCafe

関ジャニ∞安田章大、闘病時の心境を吐露「今が楽しいって思える感情を常に…」

芸能 E-TALENTBANK
関ジャニ∞安田章大、闘病時の心境を吐露「今が楽しいって思える感情を常に…」

9月23日放送のTBSラジオ『伊集院光とらじおと』に、関ジャニ∞・安田章大が出演。自身の過去の闘病について語った。

【別の記事】関ジャニ∞安田章大の脳腫瘍の手術報告に驚きの声「プロ意識に感動」

番組では、安田が2017年の2月に脳腫瘍の一種「髄膜腫」を開頭手術で摘出したが、その後遺症でふらつきがあり、転倒して骨折をしたこともあると取り上げられた。

当時について、番組パーソナリティーの伊集院光が「どうやって(病気と)闘ったの?」と尋ねると、安田は「誤解を招くような言葉は、こういう生放送で言いたくないですけど」と前置きした。

その上で「命あるものはいつか途絶えてしまうだろうし、でも、それを覚悟した上で生きていくから、一瞬一瞬を生きる、たった今が楽しい、っていう生き方をするべきかなあと思うんですよね」と話し始めた。

続けて「たった今が楽しくなければ、明日もきっと楽しくないであろうし、でも、きっと楽しくないと思いながら生きちゃうと、明日はもっと楽しくなくなっちゃうだろうなあと思うから」「今が楽しいって思える感情を常に持ち続けることによって、明日はもっと明るくなるっていう生き方をして、僕は歩んできました」と語った。


《E-TALENTBANK》

特集

page top