猫をかわいいと感じるのはどうして?その理由を徹底解説! | NewsCafe

猫をかわいいと感じるのはどうして?その理由を徹底解説!

動物 MOFMO
 猫をかわいいと感じるのはどうして?その理由を徹底解説!

猫を「かわいい!」と感じるのには理由がある


猫を見て「かわいい!」と感じるのには理由があります。


そもそも、猫は飼い主さんがかわいがりたい時にそっぽを向いて別の方に行ってしまったりするのに、飼い主さんが仕事などに集中している時に、かまって欲しいと甘えてくるような気まぐれな動物です。


そんな猫に振り回されながらも、猫を「かわいい!」と感じるのには幾つかの理由があります。


1.目が大きい



猫の目

pixabay.com



猫をかわいいと感じる理由の一つは、「目が大きい」ことです。


猫は、顔の面積の中でも目の部分を占める割合が大きいのが特徴です。他の動物と比較しても、猫の目の割合は大きいですし、目の位置は顔の下の方に位置しています。そして、猫の口元は逆に小さいです。


このような猫の特徴は人間の赤ちゃんと似ています。赤ちゃんは身体と比較して大きな頭をしており、目の位置は顔の下の方に位置しています。口元は小さく、オデコが広く前に少し出ています。人間はこれらの特徴をしているものに対して「守ってあげたい、かわいい」という気持ちになります。


そして、猫の目はビー玉のように綺麗です。猫の中にはブルーやグリーン、アンバーなどの綺麗な色をしているものがおり、キラキラしています。暗い所に行くならば、猫の目の瞳孔は大きくなります。猫の瞳孔が夜大きくなるのは、光が少なくても獲物を捕らえることができるからです。


猫の目は一日見ていても飽きないほど表情が変化するので、猫に魅了されてしまうことでしょう。


2.柔らかい体をしている



寝ている猫

pixabay.com



猫をかわいいと感じる理由の二つ目は、猫が「柔らかい体」をしていることです。


飼い主さんは、猫の体に触れることや抱っこをする時には、その柔らかい体に癒されるのではないでしょうか。猫に触れるとふわふわしています。猫の毛の下の皮膚は伸びる性質があるためとても柔らかいですし、筋肉は他の動物と比較しても柔らかいといえるでしょう。


飼い主さんが猫を抱っこしようと持ち上げると、猫の体はよく伸びます。これは、猫の関節の可動する域が広いためです。そのため、猫の体は柔軟に動作し、音を立てることなく歩き、高いところに上ることができますし、降りることができます。


このように、猫は柔らかい体をしているため「軟体動物」と呼ばれることもあります。猫は体が柔らかいので、人間にはできないような体勢で寝ることがあり、その様子を見ると面白いですし、かわいいと感じてしまいます。


3.鳴き声



鳴く猫

pixabay.com



猫をかわいいと感じる理由の三つ目は、猫の「ニャー」という鳴き声にあります。


猫の「ニャー」という鳴き声をされると、飼い主さんは忙しくても「どうしたの?」と猫に構ってあげたくなります。


実は、猫の「ニャー」という鳴き声は子猫が母親猫に対して、お腹がすいた時や寂しいと訴える時に使用される鳴き声です。そのため、成人した猫同士で「ニャー」と鳴き、コミュニケーションを取ることはありません。


しかし、成人した猫になっても「ニャー」と鳴くようになったのは、人間と関わりが深くなったからです。お腹がすいた時や寂しい時、トイレが汚れている時などに何かを飼い主さんにアピールするために、子猫と同じように「ニャー」とかわいい声で鳴くようになりました。


猫の鳴き声を聞くと、言葉が分からなくてもその可愛らしさに猫が何を必死に訴えようとしているのか、飼い主さんは理解しようとするものですね。


4.ツンデレでマイペースな性格



猫

pixabay.com



猫は自由気ままに生活し、マイペースな性格をしています。猫の中にはツンデレな性格の猫もいます。ツンデレな猫は、体を撫でられることや抱っこされるのを嫌がるのに、飼い主さんに急に甘えてくることがあります。


飼い主さんが触ろうとすると逃げるかと思えば、飼い主さんや家族に体を擦り付けて「頭を撫でて!」と飼い主さんの手のひらに近づき、飼い主さんに甘えてくることがあります。普段はツンデレな猫なのに飼い主さんに甘えてくると可愛くて、つい構ってあげたくなります。


猫の中にはとても優しい性格の猫もいます。優しい猫は、飼い主さんがどんなに触ってきても、怒って引っ掻いたりしません。やりすぎると怒るかもしれませんが、基本的に優しく、他の動物がいてもうまく生活することができます。優しい猫は、初対面の人間に対しても仲良くすることができます。


さらに、猫の中には賢い性格の猫もいます。賢い猫は人間の行動をよく観察し、ドアや窓を開けたりすることができます。また、犬のようにおもちゃを取ってくることができる猫もいます。


猫は基本的に大人しい性格をしています。もちろん、子猫の時は元気一杯かもしれませんが、成長してくると激しい動きをしなくなりますし、大人しくなります。その大人しい性格ゆえに、飼い主さんは仕事で辛いことがあっても、猫の性格に癒されるのではないでしょうか。


猫の性格は猫それぞれ個性によって異なってきますが、マイペースで自由気ままのわりに急に甘えてきたりするので、そのギャップに心が奪われるといえるでしょう。


5.肉球



猫の肉球

pixabay.com



「肉球フェチ」という言葉を一度は聞いたことがあるほど、猫の肉球が好きな人はたくさんいます。


肉球の色は猫によって異なり、ピンク色や黒色、まだら模様色だったりします。猫の肉球はプニプニしていて、触ると気持ちがいいものです。


猫の肉球の香りは甘く香ばしい匂いがします。猫の肉球は弾力があり、衝撃を吸収することができるので、高いところからでも飛び降りることができます。また、肉球があることによって障害物や石などから足を守っています。


このように、肉球は猫にとって大切な役割を果たしていますが、それだけではなく猫好きの人を癒してくれているのです。


6.綺麗な毛並み



グルーミング

pixabay.com



猫の種類にもよりますが、ほとんどの猫は綺麗な毛並みをしています。猫の毛並みが綺麗なのは、猫が日頃からグルーミングをしているからです。猫はきれい好きなので、暇さえあればグルーミングをしています。


そんな猫の綺麗な毛並みを触ると、飼い主さんの心は癒されるのではないでしょうか。もし、猫の毛並みが悪い時は体調が思わしくないサインなので、飼い主さんとしてきちんと様子を見てあげましょう。


7.尻尾や耳で感情が分かる



しっぽを立てる猫

pixabay.com



尻尾や耳の動きによって猫の気持ちを理解することができます。


猫は聴力が優れており、音を聞き取るために耳を動かします。また、尻尾の動きで猫がリラックスしているか、そうでないかが分かります。前足を揃えて座ってしっぽを前足に巻き付けている時は、飼い主さんと一緒にいてリラックスしてい証拠です。


しかし、尻尾を大きく左右に動かす時はストレスを感じ、触られたくないという感情を表しています。嫌な扱いを受けた時や、嫌な触られ方をした時に大きく左右に振ります。


猫の気持ちを尻尾や耳で理解できるならば嬉しいですし、飼い主さんのそばでリラックスしている様子を見ると、「かわいい!」と感じることでしょう。


猫を「かわいい」と感じる理由について幾つか考えてきました。猫は私たちを癒してくれますし、温かい気持ちにしてくれます。猫は存在そのものがかわいいですし、家族を笑顔にしてくれる大切な存在です。


《MOFMO》

特集

page top