LINEで使える!彼氏と長続きする方法7選で愛され彼女に | NewsCafe

LINEで使える!彼氏と長続きする方法7選で愛され彼女に

恋愛 KOIMEMO
 LINEで使える!彼氏と長続きする方法7選で愛され彼女に

動物と女性

pixabay.com



コミュニケーションツールとして広く普及したLINEですが、男性の中には苦手な方も少なくありません。
ここでは、彼氏と長続きするためのLINEテクニックをいくつかピックアップしたので参考にしてください。


LINEの頻度は相手に合わせる


LINEでのやり取りが好きな方だと、頻繁にメッセージを送ってしまうことがあります。
つい自分のペースで送りがちですが、これはNG。
男性によってはLINEが苦手な方もいるので、相手のペースに合わせてあげるのが基本です。


毎日LINEを送るのは問題ありませんが、返信を急かしてしまうのもNGです。
返信を急かしてしまうと、彼氏にうっとうしく思われてしまう可能性も。
特に、仕事や用事で忙しいときに急かしてしまうと信頼を失ってしまうかもしれません。


相手がのんびりとしたペースで返信してくるのなら、自分もそれに合わせてあげるのが長続きするコツです。


短文でのやりとりが楽しめる


女性の中には、恐ろしく長文のLINEを送ってしまう方もいます。
言いたいこと、伝えたいことをすべて盛り込んでしまい、つい長文になる方も少なくないでしょう。


普段の連絡がすべて長文だと、さすがに彼氏も疲れてしまいます。
もしかすると、最後まで読んでもらえない可能性も。
そうなるととても円滑なコミュニケーションはとれないので、関係性が悪化してしまう恐れがあります。


たくさん話したいことがあるのなら直接会ったときにして、LINEでは短文を心がけましょう。
いかに短い文章で伝えたいことを伝えるか、チャレンジしてください。


メッセージの主語が「私たち」である


メッセージの主語を私たちにしているカップルは長続きしやすい傾向にあります。
主語が「私たち」だと、自分だけでなく相手も含まれるため、一緒に考えたい、ともに喜びを共有したい考えを示せるからです。


たとえば、私たち2人とも音楽が好きだから、週末は生演奏と食事が楽しめるライブバーにでも行こうか、といった具合です。


カリフォルニア大学の研究データによると、私たちや僕たちなどの主語を多用しているカップルは長続きする傾向にあるとの結果が出ています。
これからは意識的に主語を私たち、に変えて会話してみましょう。


用件を端的に伝えられている



スマホと女性

pixabay.com



LINEは手軽なコミュニケーションツールですが、どうしても文字でのやり取りになるため相手に誤解を与えてしまうこともあります。
LINEに慣れていない方、文章をうまく組み立てられない方だとなおさらです。


誤解を生まないためには、伝えたいことを端的にスパッと伝えることが大切。
長々とした文章になってしまうと、本当に伝えたいことも伝わらなくなる可能性があります。


LINEを送信する前に、相手にきちんと伝わる内容になっているか確認してみましょう。
先に結論を書き、それから理由などを書くのもおすすめです。


挨拶やお礼がある


挨拶はコミュニケーションの基本です。
おはよう、おやすみなどの挨拶をLINEでもきちんとしているカップルほど長続きする傾向にあります。


また、LINEで何か教えてもらったときにはきちんとお礼も伝えましょう。
本人を目の前にしていれば普通にできるお礼も、LINEだとつい疎かになってしまう人は少なくありません。


話したいことを一方的に送るのではなく、まず挨拶やお礼を伝えることが大切。
これも長続きするためのコツです。


特別な日の長文LINEは効果的


記念日や特別な日の長文LINEは、彼氏にも喜ばれることが多いのでおすすめです。
普段短い文章でしかやり取りしていないのなら、より喜んでくれる可能性が高いです。


長文で送るときは、相手が読みやすいよう配慮してあげることも大切。
ぎっしり文字が詰まってしまうと読みにくくなるため、適度に改行を入れる、スペースをあけるなどの工夫が必要です。


普段あまり使わない絵文字やスタンプを使うのも効果的。
特別なLINEであることを印象付けられます。


LINEでケンカしない


LINEだと、相手の顔が見えず言いたいことをつい何でも言ってしまいがち。
そのため、LINEでのケンカはついヒートアップしやすい傾向にあります。
延々とお互いを罵倒しあい、収集がつかなくなってしまうことも。


長続きしているカップルだと、LINEでケンカすることはあまりありません。
ケンカになりそうなときは、電話に切り替えたり、直接会ったりしてコミュニケーションの取り方を変えています。


文字でのやり取りだとどうしても伝えたいことが伝わらず、余計に誤解を招くことも。
関係性が悪化してしまう恐れがあるので、早めに電話か対面で話し合いましょう。


【まとめ】効果的に使って彼のハートを掴もう!



スマホを操作する女性

aijiro/shutterstock.com



LINEは手軽なツールだからこそ、使い方を間違えると一方的になったりすれ違ったりしがちです。
普段から彼の負担にならないような使い方を心がけましょう。


その上で彼が喜ぶようなメッセージを送れば、彼はあなたからの連絡が待ち遠しくなるはず。
LINEを上手に使って、いつまでも仲の良いカップルでいましょう。

《KOIMEMO(コイメモ)》

特集

page top