ビジョンフリーゼカットができる犬種をご紹介!トリミングの仕方で見た目が変わる! | NewsCafe

ビジョンフリーゼカットができる犬種をご紹介!トリミングの仕方で見た目が変わる!

動物 MOFMO
 ビジョンフリーゼカットができる犬種をご紹介!トリミングの仕方で見た目が変わる!

トリミングの目的とは?



トリミングする犬

pixabay.com



町で見かける犬は同じ犬種でもカットの仕方が様々です。それは、飼い主さんの思い入れのあるスタイルを目指しているからでしょう。犬種によっては色々なカットスタイルを楽しめますし、時には全く別の犬種に見えることも少なくありません。


しかし、トリミングの目的はカットスタイルでおしゃれを楽しむだけではないのです。それには、犬の被毛をきれいに保ち、熱中症を防ぐという目的があります。それ以外にも、足の裏の毛をカットすることで、転倒防止や怪我の防止にもつながるでしょう。


特に、被毛が多い犬種は6月頃の高温湿気により、毛の中に熱がこもり蒸れてしまうことがあります。この時期にトリミング を怠ると、皮膚のトラブルにもつながるので注意が必要です。


ビションフリーゼカットとは?



ビションフリーゼ

pixabay.com



ビションには「マルチーズ」、フリーゼには「巻き毛」という意味があって、ビションフリーゼは名前の通りフワフワの巻き毛が特徴となっています。この被毛を生かしつつ、顔をまんまるにするカットをビションフリーゼカットといいます。


とても特徴的でかわいいのですが、お手入れや良い状態を保つのに少し手間がかかるかもしれません。アフロに見える独特のフォルムはとても上品で美しさを醸し出しているので、一度は挑戦してみたいと思う人も多いです。


ビションフリーゼカットができる犬種


そのカットの名前から、ビションフリーゼ限定のカットスタイルというイメージがあるかもしれませんが、意外にもビションフリーゼカットを楽しめる犬種は他にもいます。


ビションフリーゼほど顔まわりのモコモコが大きくできないこともありますが、ミニチュア版のビションフリーゼカットができるのです。ここでは、その中からいくつかの犬種をご紹介しましょう。


プードル&トイプードル



プードル

pixabay.com



テデイベアーカットのイメージが強いですが、意外にもアフロのようなビションフリーゼカットも楽しむことが可能です。そこまで大きくはなりませんが、小柄のアフロを作ることができます。


顔のまわりに毛のボリュームがあるので、ビションフリーゼカットを作りやすいのです。ただし、プードルは被毛が伸びるスピードが速いので、スタイルを維持するために頻繁にサロンに行くことをお勧めします。


トイプードルの被毛の特徴はほぼ同じです。それゆえに、トイプードルもビションフリーゼカットを楽しむことができます。


ポメラニアン



ポメラニアン

pixabay.com



ポメラニアンは被毛の量がとても多いので、ビションフリーゼカットを楽しめるでしょう。顔まわりの毛を残しつつ体部分は短くすることで、ぬいぐるみみたいな愛らしい姿を見せてくれるはずです。


残念ながら顔まわりの毛がそれほど多くないので、大きなアフロを作ることは期待できないでしょう。それでも、小さいサイズのビションフリーゼカットを楽しむことができます。体をスッキリすることで、小さいながらも顔まわりのフワフワ感を引き出すことができます。


ペキニーズ



ペキニーズ

pixabay.com



たて髪に似た被毛を持っていますが、実はビションフリーゼカットを作れる犬種の一つです。通常は長い毛を生かしたカットが一般的ですが、ビションフリーゼカットにすることで、もともと持っているものを生かしつつスッキリした姿も楽しめます。


夏の暑い時期には特に長い毛は蒸れてしまい、皮膚トラブルを起こしかねません。スッキリさせてあげれば犬だって涼しくて快適に感じますし、飼い主さんのお手入れも半減するでしょう。他の犬とは被らないカットで、オリジナリティを楽しめること間違いありません。


マルチーズ



マルチーズ

pixabay.com



マルチーズは体の割に大きく丸い顔を持っています。ビションフリーゼのように大きなふわふわスタイルを作ることはできませんが、大きな顔という特徴を生かしつつ、まんまるなカットを楽しむことができます。


体部分をさらに短くカットすることで、ビションフリーゼカットに近い雰囲気を醸し出すことができるでしょう。


ビションフリーゼカットの料金



ビションフリーゼ

pixabay.com



トリミングの費用はタイプによってピンキリですが、平均的な全身トリミングの料金は4,000円から20,000円ほどです。


ビションフリーゼ自体のトリミングは、特殊な被毛のために料金は高めに設定されています。さらに、デザインカットはオプション料金がかかることが多く、さらにプラスで料金がかかることも想定したほうが良いかもしれません。


爪切りやシャンプーなどのお手入れを希望する場合、追加料金がかかることもあるでしょう。


どのカットにするか迷ったら


いつも行くお馴染みのサロンでトリミングしている場合は、ついいつも同じスタイルでお願いしてしまうことでしょう。それに加えて、そもそもどんなカットが出来るのか、また何が自分のペットに似合うのかを迷うことがあるかもしれません。


そんな時は、インターネットで一度調べてみることをお勧めします。検索窓に「トリミングスタイル」の後に、自分の犬種の名前を入力してみてください。写真とともにたくさんのスタイルが見つかります。自分のペットに似合うぴったりなカットに出会えるでしょう。


ビションフリーゼもアレンジカットができる!


ビションフリーゼといえばアフロのようなイメージがついていますが、色々とアレンジを楽しむこともできます。


基本的にフワフワの被毛がプードルに似ているので、プードルができるカットアレンジはできるでしょう。定番のテディベアカットやモヒカン、キノコカットなど個性あるアレンジもお勧めです。


アフロのようなフワフワカットは維持するのに手間と時間がかかってしまうため、たまにはアレンジを変えてみるならお手入れの時間を半減させることもできるかもしれません。


気をつけたい注意点



トリミング

pixabay.com



モコモコでかわいいビジョンフリーゼカットですが、それを保つには定期的でまめに世話してあげることが不可欠です。


まず、基本的に毎日のブラッシングを必ずしてあげましょう。ブラッシングは毛をきれいに保つ効果と、地肌に刺激を与えて血行を促進することにつながります。犬の健康を保つことに役立つのできちんと、定期的に行ってあげてください。


ブラッシングをすると飼い主さんとの絆を強める利点があります。ブラッシングする時間は、飼い主さんとの大切なコミュニケーションの時間でもあるのです。その時に、犬の体調の変化や皮膚の状態をきちんとチェックしてあげることもできるでしょう。


時間とともに被毛が伸びてくると形が崩れてしまいがちです。個体によっては伸びる速度が早い場合もあるでしょう。そういう時はサロンに連れて行き、少なくても2ヶ月に1度はトリミングをして状態を維持してあげてください。それゆえに、ビジョンフリーゼカットを楽しもうと思うと、費用がかかるということを頭の片隅に置く必要があるでしょう。


ビションフリーゼカットは出来る犬種自体が限られています。また、サロンによってはそもそも取り扱っていないこともあるでしょう。もし、あなたの犬がビションフリーゼカットが可能なら、1度試してみることをお勧めします。個性豊かなスタイルはたくさんの人目を引くことになるでしょう。


《MOFMO》

特集

page top