神木隆之介、学生時代感じていた山田涼介への“ライバル心”「同級生としては…」 | NewsCafe

神木隆之介、学生時代感じていた山田涼介への“ライバル心”「同級生としては…」

芸能 E-TALENTBANK
神木隆之介、学生時代感じていた山田涼介への“ライバル心”「同級生としては…」

9月17日、TBS系『櫻井・有吉THE夜会』に神木隆之介が出演した。

【別の記事】神木隆之介、初キスシーンの年齢に驚き「すげーな」

番組の中で神木は中学生時代に1人でボーリングやカラオケを練習するなど、高校入学後にモテるために努力をしていたと説明する場面があった。

当時について神木は「モテたい!もうすべての原動力でしたね」と心境を回想しつつ、「同級生たちもHey! Say! JUMPの人たちとかいっぱいいるんで。やっぱり歌うまいし、いろんな多彩なんですよね、その人たちに負けないように、モテたい!と思って、めっちゃ練習してました」と振り返った。

また、入学前に同級生となる芸能人らから連絡が来ていたと話すと、「やっば、山田涼介と一緒か!って。一緒にお仕事させてもらった時に『うわ~かっこいいな山ちゃんホントかっこいいな』って言ってた人が同級生って、かなり、同級生としては天敵ですから」と発言し、スタジオの笑いを誘った。


《E-TALENTBANK》

特集

page top