「性」のリアル描く新ドラマ「17.3 about a sex」主題歌決定 | NewsCafe

「性」のリアル描く新ドラマ「17.3 about a sex」主題歌決定

芸能 モデルプレス/ent/wide/show
まるりとりゅうが(C)AbemaTV
【モデルプレス=2020/09/16】新ドラマ『17.3 about a sex』(ABEMA/9月17日よる11時~/全9話)の主題歌が、SNS発の新世代アーティストとして注目を集める男女ユニット・まるりとりゅうがの新曲『ONE STEP』に決定。まるりとりゅうががコメントを寄せた。

【写真】「オオカミくん」藤枝喜輝、新ドラマ「17.3 about a sex」田鍋梨々花の相手役で注目

◆まるりとりゅうが、主題歌への思い語る

同ドラマは、17歳の女子高生3人が恋にセックスに揺れ動くリアルな心情を描くひと夏の青春恋愛物語。三種三様の異なる恋愛への価値観を持つ3人が、セックス、避妊、生理、体型の悩み、セクシャリティ…に初めて向き合い、時には悩み苦しみ、本音をぶつけ合いながらも自分たちの足で一歩“オトナ”へと踏み出す中で、揺れ動くリアルな心情をピュアに過激に描かれている。

トリプル主演の等身大の女子高生3人組、咲良役、柚役、祐奈役を、若手女優の登竜門と言われる現役Seventeen専属モデルであり、“次世代を担う若手女優”として注目されている永瀬莉子、田鍋梨々花、秋田汐梨が演じる。

今回の楽曲についてMaRuRiは「この楽曲はABEMA新ドラマ『17.3 about a sex』の主題歌のお話をいただいてからRyugaくんが書き下ろした新曲です!恋する女子高生達が色々なことを通して物語が展開していくので、23歳のわたしも歌ってる時は女子高生になりきって歌わせていただいてます!笑」とコメント。

続けて「楽しいだけじゃ無い恋愛だけど女の子の可能性は無限大だと信じているので、この曲を聴いて少しでも片想い中の女の子が自信を持ってくれたり、背中を押したりできればいいなとおもっております!是非ドラマと一緒に楽しんでください」と呼びかけた。

一方のRyugaは「『ONE STEP』は、女性が自分自身のコンプレックスや悩みなどを乗り越えるため勇気を出して踏み出す一歩を応援できるような曲になっています!この曲を聴いてくださった方々の背中を少しでも押せたら嬉しいです!」と語っている。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】
《モデルプレス》

特集

page top