「恋に恋する」意味とは?恋に恋する特徴や心理を知ろう | NewsCafe

「恋に恋する」意味とは?恋に恋する特徴や心理を知ろう

恋愛 KOIMEMO
 「恋に恋する」意味とは?恋に恋する特徴や心理を知ろう

恋に恋する心理とはどのようなものなのでしょうか。
恋に恋するという意味の紹介と併せて解説します。


恋に恋する心理と意味



恋

altafulla/shutterstock.com



恋に恋する、とはどのような状況を指すのでしょうか。
恋とは一般的に、相手と一緒にいる時にドキドキしたり、相手についてもっと知りたいと思ったりすることを言いますね。


恋愛の定義は人それぞれですが、恋をすると相手について考えることが止まらなくなり、好きな人を第一に考えてしまう傾向にあるようです。
本物の恋愛と、恋に恋している状態とはここに違いがあります。
好きな人ではなく、相手に恋をしている自分自身のことを第一に考えていませんか?


自分の思い描いている素敵な恋愛に憧れるがあまり、相手自身のことは度外視して、恋することそのものに幸せを感じてはいないでしょうか。
恋をしている自分自身に酔いしれているのかもしれません。


恋に恋するタイプ・特徴とは



恋

Yuganov Konstantin/shutterstock.com



恋に恋する女性には、どのようなタイプがあり、どのような特徴を持っているのでしょうか?
ここで今一度、あなた自身の恋愛を振り返ってみましょう。


これからご紹介する特徴に、あなたは当てはまっていないでしょうか?
本当の恋愛に近づくためには、よりいっそう自分自身について自覚し、詳しく分析していくことが大切です。


ピュアな人


恋に恋する人には、心が純粋な方が多く見られます。
他人に対して疑いを持つことや、卑怯な真似をして他人を陥れるようなことはしません。


人の醜悪な一面に接する機会があまりないまま現在に至った経緯がある人に多く、心が純粋なので他人にだまされやすいこともあります。


そういう人は、恋愛をしている時にはありのままの現実を受け止めることで自身の心を成長させましょう。
また、純粋な自分の現状も受け入れてあげることが大切です。


自分のことが好き


あなたはラブストーリーが好きですか?
恋に恋しているような人は、恋をしている自分そのものが好きなのです。
恋愛映画の主人公になったかのように、自分自身に酔って恋を楽しむ傾向にあります。


相手と気持ちを確認しあいながら育んでいくような恋愛ではなく、ジェットコースターのように劇的な恋に胸をときめかせてしまいがちです。
また幸せな自分をSNS上で周囲にアピールし、自己顕示欲を満たして自己満足に浸る一面もあるようです。


熱しやすく冷めやすい


恋に恋していると、好きになってすぐに冷めるのでお付き合いが長続きしないということもあります。
いざ付き合いだしてみると、それまでの魅力を感じなくなってしまう。


相手は悪くないのに、燃えていた気持ちが冷めてしまうのはなぜでしょうか?
自分磨きをしたり、恋の相談を友達にするというようなことをイベントのような感覚で楽しんでいたのが、それらはお付き合いが始まったら終わってしまうので、気持ちが冷めてしまうのです。


スペックを重視する


恋に恋している人は、100%自分のタイプである王子様のような人を待ち望む傾向にあるようです。
そんな人はいくら探したってみつからないだろうということはわかっていても、実際に出会う中で少しでもハイスペックな人と恋愛したいと考えます。


恋に恋する人にとっては、それこそが理想の恋愛だからです。
現実世界では、どんなによく見える相手にも必ず欠点がありますよね。
そもそも恋愛の始まりは相手からも選ばれることなのです。


引きこもり


理想の恋人像が自分の中で出来上がっていると、現実でも出会う相手へ求めるハードルが高まっていきます。
すると、新しい出会いのチャンスがあっても、実際に出会える人の大半は理想通りではないのだろうと思いがちです。


周りから合コンや飲み会に誘われても、無駄な人付き合いはしたくないからとスルーしていませんか?
せっかく出会える機会に足を運んでも、そんな結果なら時間のロスだと考え、引きこもりがちになってしまうようです。


恋愛の挫折経験がない・少ない


恋に恋している状態は、恋愛面で大きな挫折をあまり経験していない人に多いようです。
相手の裏切りに心が傷つけられたり、けんかをして別れてしまったり、振られて立ち直るまでに時間がかかったりということが例に挙げられます。


しかし、恋に恋していられるうちはそういった経験が乏しいのも事実です。
自分が傷つくことは相手の立場になって考えるきっかけになりますが、挫折を経験していないことには相手を思いやりようがありません。


想像力旺盛


理想の彼氏とデートをしているところなど、恋愛の想像をすることはとても楽しいですよね。
恋に恋する人は、そんな想像力にたけていると言えるでしょう。


実際に着ていくコーディネート、行く場所、どこで食事をするかなど、具体的に考えるほど胸がワクワクしてきます。
しかし、理想が高ければ高いほど、現実に恋愛成就することは難しくなってきます。


せっかく想像力が豊かなのですから、思い浮かんだことを行動に移してみませんか。


【まとめ】現実をみていない



恋に恋する

Look Studio/shutterstock.com



恋に恋する状態は、目の前の彼のことをきちんと見ていない場合があります。
ピュアであることは良いことですが、恋ばかりを追うのではなく、少し現実を見た方が恋愛がうまくいきやすいかもしれません。
しかし、それでも恋は特別なものでもあるので、恋も現実も楽しめるといいでしょう。

《KOIMEMO(コイメモ)》

特集

page top