【ブチギレ】かつやの新商品『牛生姜焼きカレー』を取り巻く状況に感じた激しい怒りについて | NewsCafe

【ブチギレ】かつやの新商品『牛生姜焼きカレー』を取り巻く状況に感じた激しい怒りについて

面白ネタ・雑学 ロケットニュース24
【ブチギレ】かつやの新商品『牛生姜焼きカレー』を取り巻く状況に感じた激しい怒りについて

【ブチギレ】かつやの新商品『牛生姜焼きカレー』を取り巻く状況に感じた激しい怒りについて


俺たちの「かつや」が新商品を発売する──。“かつや者” にとってそれは祭りに他ならない。もはや「かつや」フェスである。なのに……まさかこんなにも激しい怒りを感じることになるとは自分でも思わなかった。私(あひるねこ)、ブチギレています。


本日2020年9月11日より期間限定で販売が始まった『牛生姜焼きカレー(税抜590円)』は、「かつや」史上初となるカツなしの商品だそうだ。「かつや」自ら “あえてカツなし” と大々的に宣伝し、多くのメディアがそれに乗っかる形で「カツなし!」「あえてカツなし!」と騒ぎ立てている。


しかし、私はこの状況については断固NOの姿勢を貫きたいと思う。あのなぁ……ふざけてんじゃねーよ。お前ら、牛生姜焼きさんの気持ち考えたことあんのかよ?


・かつやの新商品
毎度毎度、珍妙なのにしっかりウマい新商品を発表して我々を楽しませてくれる「かつや」。今回は定番メニューのカレーを “あえてカツなし” にすることで、「かつや」らしいエッジの効いた一品に仕上げることに成功している。さすがのコンセプトだ。


しかし私はこう思う。みんな、“あえてカツなし” の方に目を奪われすぎていやしないか? もう一度よく見ろ。『牛生姜焼きカレー』だぞ? 生姜焼きとカレーの組み合わせってだけでもけっこうパンチ効いてんのに、その生姜焼きは牛だぞ? 牛なんだぞ? もっとそこに触れてやれよ!


・不遇
生姜焼きと言ったら一般的には豚である。ネットで検索すると牛を使うこともあるにはあるようだが、かなり珍しいケースと言えるだろう。


にもかかわらず、メディアを含む世間の牛に対する圧倒的なまでの塩反応。みんな “あえてカツなし” ばっか。せっかくハロウィンで気合いを入れて仮装してきたのに、誰にも何も言われないので一人で帰った牛さんの気持ちを考えろと言いたい。お前らの血は何色だ?


・初体験
私自身、牛の生姜焼きは初めてなので、まずはカレーにつけず生姜焼き単体で食べてみることにした。すると……うお! 味付けはいつもの生姜焼きだけど、肉がとても甘く感じられるぞ。これはきっと牛の脂の旨みによるものだろう。生姜醤油によって、肉の味が豚以上に鮮烈に口の中に広がる。牛生姜焼き、ウマいじゃないか……!


正直これならカレーに頼らずとも、牛生姜焼きの力のみで新メニューとして戦えたんじゃないかと思うし、カレーと一緒に食べても味で負けることは決してなかったのだが、どうしてもカレーのバーター出演みたいな感じになってしまっているのが気の毒と言えば気の毒である。しかし、生姜焼きの受難はまだ続く。


散々 “あえてカツなし” と謳っておきながら、なんと「かつや」は『チキンカツのせ牛生姜焼きカレー(税抜690円)』なる別バージョンの商品もしっかり用意していたのだ。ええええええええ!? いや、もはやチキンカツが主役みたいになってるじゃねーか! “やっぱりカツあり” じゃないよ!! 牛生姜焼きの心もてあそぶやん!


・もっと牛を見ろ
発表前はきっと「今回は僕が主役だ……」とドキドキしていただろう牛生姜焼き。その気持ちを考えるたび、私は今回の『牛生姜焼きカレー』を取り巻く状況に深い怒りを感じずにはいられない。カツなし? カツあり? やかましいわ。みんな、牛生姜焼きさんの心ともっと向き合え。単体でもウマいんだぞ……!


参考リンク:かつや
Report:かつや者・あひるねこ
Photo:RocketNews24.


★「かつや」関連の記事はこちら → シリーズ「かつや激闘集」


《ロケットニュース24》

特集

page top