猫はコップから水を飲める?コップから飲みたがる理由と注意点を解説 | NewsCafe

猫はコップから水を飲める?コップから飲みたがる理由と注意点を解説

動物 MOFMO
 猫はコップから水を飲める?コップから飲みたがる理由と注意点を解説

はじめに


猫がコップやグラスの水を飲もうとしている姿を見たことがありますか?猫を飼っている人であれば一度は見かけたことのある場面かもしれませんね。


猫用の水容器はあるのに、あえてコップから飲もうとするのはどうしてでしょうか?そもそも、猫はコップで水を飲むことができるのでしょうか?


今回は猫がコップで水を飲もうとすることについて面白い情報や注意すべき情報をご紹介したいと思います。


猫はコップから水を飲めるの?



コップに入った水を飲もうとしている猫

elwynn/shutterstock.com



私たちはついつい自分の飲み物を置きっぱなしにしてしまうことがあります。コップには水が入っていたり、その他の飲み物が入っていたりします。そんな私たちの飲み残しを必死で飲もうとする子がいます。それは飼い猫たちです。


猫がコップから水を飲もうとする場面に遭遇した人は多いでしょう。猫用の飲み水用の器ではなく、コップから飲もうとするのです。猫たちはコップからでも水を飲むことができるものなのでしょうか?


猫用の水容器は底が浅いものです。お皿で与えることもありますし、お皿よりも若干底が深いものが使用されます。


器自体も大きく、猫の頭よりもかなり大きめの器が選ばれることが多いでしょう。そうすることで、猫は簡単に水を飲むことが出来ます。猫は通常、舌で舐めるようにして水を飲むものです。


しかし、なぜか難易度の高い人間用のコップから水を飲もうとすることがあります。猫の顔は小さいですが、コップの口も大きいものではありません。頭がつっかかりながらも必死で飲もうとします。顔をうずめて、水を飲めるよう必死に舌を伸ばすのです。


比較的浅いコップなら飲める!


猫にとってコップから水を飲むのはとても大変な作業です。底の深いグラスなどから水を飲むことは不可能でしょう。それでもコップの種類によってはなんとか飲むことも出来るようです。


底の浅いコップやグラス、また口の広いマグカップなどであれば、頑張れば中身を飲むことが出来ます。ただ美味しそうに飲んでいるのですが、頭がグラスの口につっかかっています。それでも水を飲むことに必死なのでしょう。


強引に頭をグラスの中に押し込むので、顔が引っ張られてしまします。変顔をしている時のようにゆがんだ顔になってしまうのです。


私たちからそんな顔が見えているとは知らず、必死で飲もうとする姿は、なんともおかしなものですね。そんな場面に遭遇したなら思わず吹き出してしまいます。しかし猫用のウォーターボウルの方がはるかに簡単に飲むことが出来るのですが、どうしてコップで飲もうとするのでしょうか。


猫がコップから水を飲もうとする理由


猫たちはどうしてコップから水を飲もうとするのでしょうか?猫用のウォーターボウルから飲むほうがはるかに簡単でしょう。コップにはウォーターボウルに勝る魅力があるものなのでしょうか?


猫がコップから水を飲もうとする理由はいくつか考えられます。これからそれらの理由をご紹介しますね。


1.水面がキラキラしている
猫は光の反射に興味を示しているのかもしれません。猫用のウォーターボウルに入った水と、コップに入った水では猫にとって見え方が異なるのでしょう。


コップに入っている水がキラキラしていて興味を惹かれるのかもしれません。グラスであれば、中身が透けているので、余計にキラキラとしていて興味を惹かれるのでしょう。


しかしどうして猫はどうしてキラキラした水を飲みたがるのでしょうか?単純にきれいだと感じているのかもしれません。キラキラしているのを面白く感じている可能性もあります。


また、キラキラしているので流水だと勘違いしている可能性もあります。猫は溜まっている水よりも流れている水を好む傾向があります。その方が新鮮だからでしょう。


水が流れる時、水面にも動きがあるので、絶えず光の反射が変わりキラキラと輝いているように見えます。それで、グラスやコップに入った水がキラキラしている時、その中の水は新鮮だと感じ飲みたくなるのかもしれません。


2.新鮮な水だから
猫は新鮮な水を好みます。出来るだけ新鮮な水を飲むためにいろいろな場所の水を飲もうとすることがあります。私たちが水道の蛇口をひねるとそこから流れ出る水を飲もうとするのではないでしょうか?逆に溜まっている水をなかなか飲みたがらない傾向があるかもしれません。


もしかしたら、猫用のウォーターボウルの中身を頻繁に交換することが出来ていないのかもしれませんね。そうなると、猫はウォーターボウルからなかなか飲もうとしてくれなくなります。


コップの中に入っている水は新鮮であることが多いでしょう。私たちもさっきまで飲んでいたものだからです。これらの理由が重なって、猫はコップの水を飲もうとするのかもしれません。新鮮な水がコップに入っていることを覚えると、次からもコップから水を飲もうとするのです。


3.味や香りが付いているから
コップの中身には水だけが入っているとは限りません。むしろ、水以外の飲み物が入っていることが多いのではないでしょか?お茶やジュースには香りや味が付いているものです。猫はそうした味や香りに惹かれるのかもしれません。


猫の身体には良くないものが多いので気を付けなければいけませんね。それでも猫はそんなことをお構いなしに刺激を求めて、コップの中身の飲み物を求めるかもしれません。私たちの飲み残しを何度か味わってしまうと、あえてコップから飲み物を得ようとするようになることでしょう。


4.冷たいから
暑い時期には冷たい飲み物が美味しいですよね。猫も同じように冷たい水を好む場合があります。コップに入っている水は私たちが飲んでいた水です。冷蔵庫で冷やしていた水である場合も多いのではないでしょうか?


冷たい水を好む猫は、冷たい水を求めてわたしたちのコップから水を飲もうとするのです。


5.ぬるいから
冷たい水が好きな猫がいれば、ぬるい水が好きな猫もいます。猫はぬるい飲み物を求めてコップの中身を飲もうとすることがあります。


人が飲み残した水をそのまま放置してしまうことがあるかもしませんが、暖かい飲み物は冷めてぬるくなりますし、冷たい飲み物もぬるくなってしまうでしょう。ぬるい水が好み猫にとって丁度よいのかもしれませんね。


6.飲み水用の器や場所が気に入らないから
飲み水用の器(ウォーターボウル)や設置場所が気に入らないのが理由かもしれません。


猫にとって匂いは重要な要素です。ウォーターボウルが設置されている場所には猫が嫌うニオイが充満しているのかもしれません。そうなると、猫はウォーターボウルから水を飲もうとしなくなります。それで、他の場所から何とか水を飲もうとするのです。


コップだけでなく、水道やお風呂場の水など、いろんな場所から水を飲もうとするのであれば、ウォーターボウル自体や設置場所を変更してみると良いかもしれません。


猫がコップの中身を飲むときの注意点



マグカップに顔を入れる猫

WindNight/shutterstock.com



猫がコップの中身を飲む仕草は面白いものです。思わず笑ってしまうものですね。それでも、猫がコップから飲もうとすることを放っておくならトラブルに発展することがあります。猫がコップの中身を飲むときの注意点をいくつかご紹介しますね。


中身をこぼしてしまう


猫がコップから飲もうとすると、どうしても不安定になってしまいます。猫がコップを見つけるたびにその中身を飲もうとするなら、いつかはこぼしてしまうでしょう。私たちが出かけているうちに、テーブルの周りが水浸しになっていることもあるでしょう。


濡れるだけであれば、まだ被害も少ないかもしれません。しかし、コップやグラスがテーブルから落ちて割れてしまう可能性もあります。猫がけがをする可能性もありますね。


猫がコップで飲もうとするのをあまり放置しておかないほうが良いかもしれません。


顔が抜けなくなる


コップの中身を飲むことに必死になりすぎると、思わぬ事故に発展することもあります。コップの中に猫の頭がハマってしまうのです。顔が抜けなくなって暴れてしまうかもしれません。なんとも滑稽な姿ですが、時には笑いごとで済まない場合もあります。


コップやグラスにすっぽりとハマって、飼い主でも抜けなくなる場合があります。そんな時には病院に行かないといけないかもしれませんね……。


水以外のものを飲んでしまう


コップの中身は水でない場合が多いでしょう。水であれば問題は無いのですが、その他の飲み物は猫にとって毒であることが多いのです。


私たちの知らないうちに、人間用の飲み物を飲んでしまうことが無いよう気を付けたいものです。後述しますが、猫が飲んではいけないものの中には、中毒症状になってしまうものもあります。


「コップから飲む」=「人間の飲み物を飲む」場合が多いですから、十分注意しましょう。


癖になる


コップから飲むことが癖になってしまうかもしれません。面白いからと言って眺めていると、猫はいつもコップから水を飲もうとするようになるかもしれません。


癖になるとウォーターボウルから飲まなくなったりするかもしれません。その結果水分不足に陥ることさえあります。癖になるので、コップで飲むままにしておくのは良くないことだと言えるでしょう。


猫が飲んでいい飲み物



コップに入った麦茶

natu/shutterstock.com



猫が飲んでいい飲み物にはどんなものがあるでしょうか?あえてコップに入れて放置することは無いにしても、猫が飲んでも安全な飲み物を把握しておくことは大切です。


水道水


基本的に猫は水道水を飲んでも大丈夫です。水は基本的な飲み物です。猫に与える水分は水にしましょう。水を飲みたがらない猫には香りや味を付けるなどして、飲みやすく出来るでしょう。


麦茶


麦茶はお茶の中でも与えても良い飲み物です。なぜなら麦茶にはカフェインが含まれていないからです。微量のミネラルが含まれていますが、健康に問題を与えるほどではありません。


人間も麦茶を飲むことは多いはずです。飲み残しても問題にならないのは安心ですね。


肉や野菜のスープ


肉や野菜のスープも安全な飲み物です。猫は水よりもこうした香りや味が付いた飲み物を好む傾向があります。


夏場にはたくさんの水分を飲んでもらうために、スープを活用する人も多いようです。ただし、人間用に作ったスープは塩分がたくさん含まれていますので、猫に与えてはいけません。人間用のカップスープもNGになります。


ミルク


猫用のミルクも与えても良いようです。また牛乳も与えても良いのですが、お腹を壊してしまう子もいるようです。私たちが牛乳を飲むときには、猫も飲みたがるかもしれません。


猫が飲んではいけない飲み物



コーヒーの匂いを嗅ぐ猫

Germanova Antonina/shutterstock.com



猫が飲んではいけない飲み物はたくさんあります。私たちが飲むことが多いものでもありますから注意が必要です。猫を飼っている方は、飲み残しをすぐに処理することも大切です。


コーヒー


コーヒーにはカフェインが含まれています。カフェインには興奮作用があり、猫にも影響を与えます。猫がカフェインを摂取するとカフェイン中毒になることがあります。頻脈、過呼吸、痙攣などの症状に繋がるのです。コーヒーは危険ですから、与えないよう注意しましょう。


緑茶、紅茶、ウーロン茶


私たちにとって一般的なお茶も、猫にとっては非常に危険です。コーヒーと同じくカフェインが入っているからです。物によってはコーヒーよりもカフェインが含まれている場合があります。カフェイン中毒にならないためにも、お茶の飲み残しには注意しましょう。


お酒


猫にお酒を与えてはいけません。猫の肝臓はアルコールを分解することが出来ないからです。少量でも大きなトラブルへと発展することもあります。グラスやコップのお酒はしっかりと飲み切ってしまいましょう。


ジュース


ジュースも猫には問題です。ジュースも私たちにとっては一般的ですが、猫の健康を害します。たくさんの砂糖によって肥満になってしまうかもしれません。


硬水のミネラルウォーター


猫に水を与えるのは問題ないですが、硬水のミネラルウォーターには注意しましょう。


硬水にはたくさんのマグネシウムやカルシウムが含まれています。猫の個体差によってはミネラルの過剰摂取になります。尿路疾患に繋がることもあるので要注意です。軟水のミネラルウォーターなら問題ありません。


まとめ


猫はコップから水を飲むことがあります。面白い光景ですが、癖にならないように助けてあげると良いでしょう。できれば専用のウォーターボウルから飲ませる癖をつけさせましょう。


《MOFMO》

特集

page top