友人からの好意を気持ち悪いと感じる人必見!心理と克服法とは | NewsCafe

友人からの好意を気持ち悪いと感じる人必見!心理と克服法とは

恋愛 KOIMEMO
 友人からの好意を気持ち悪いと感じる人必見!心理と克服法とは

あなたは友だちだと思っていたのに相手は恋愛感情をもっていたら、あなたはどう思いますか?
相手の好意が急に気持ち悪く感じてしまう人もいると思います。


友だちからの好意を素直に喜べないのはなぜでしょうか?



友人

Jacob Lund/shutterstock.com




好意を気持ち悪いと思う理由は好意の種類の違い


好意とは、相手があなたを女性(性の対象)として見ていることにつながります。
あなたは相手を友達として好きだったのに、相手はあなたを女性としてみていたのです。


その事実があなたとって裏切りに感じられ、ショックな感情が気持ち悪さのもとになります。
男女の友だち関係に性的関係は必要ないと考える気持ちが強ければ強いほど、相手への気持ち悪さが強くなります。


また、相手を女友だちと同じように接していた場合も、通常より気持ち悪く感じてしまうかもしれません。
あなたを恋人候補として考えている相手との価値観の違いがより大きくなるからです。


好意が気持ち悪いと感じたときの克服法は「友だちからステップアップすること」


友だちとしてうまくいっていた相手ならば、あなたと感性が合う人ということです。
しかし、なぜ友だち止まりだったのでしょうか?


それは、あなたが彼を恋愛対象として見ることができなかったらです。
反対に、相手はあなたのことが恋愛感情として好きです。


友情が壊れてしまう可能性があるのに好意を表現してくるほど、あなたを想っています。
裏切られたという感情を一旦忘れて、相手についてもう1度よく考えてみてください。


もし、相手の好意を受け入れることが出来そうだったら、友だちからのステップアップを考えてみてください。


友だちとしか思えない場合


真剣に考えてもどうしても付き合うことが想像できない!
そんな時は相手に気が付いてもらいましょう。


曖昧にしたままではずっと気持ち悪さが続いてしまいます。
あなたにとって相手は男友だちでしかないことをわかってもらいます。


例えば男性を紹介してもらったり、合コンのセッティングをお願いしたりです。
また、逆に女性の紹介を提案しみてもいいかもしれません。


相手にはかわいそうですが、恋活に協力してもらうのです。
相手をスルーして恋活をする姿を見せつけて、恋愛対象としては興味がないことをわかってもらいましょう。


【まとめ】自分の気持ちの見直しも大切



友達

Dean Drobot/shutterstock.com



友人だと思っていた相手から好意を向けられると、これまで友達だと思っていたのに裏切られた気持ちがして、気持ち悪いと感じることもあります。
しかし、せっかくの機会なのでフラットな気持ちで彼を見直してみることも大切です。
自分の気持ちが向かないことが分かったら、さりげなく対象外であることを伝えましょう。

《KOIMEMO(コイメモ)》

特集

page top