男性の「仕草」に隠された意味とは?彼の心理を読み解こう! | NewsCafe

男性の「仕草」に隠された意味とは?彼の心理を読み解こう!

恋愛 KOIMEMO
 男性の「仕草」に隠された意味とは?彼の心理を読み解こう!

普段男性が取りやすい仕草について、いくつかピックアップしてご紹介します。
普段取りやすい行動だからこそ、男性の内面的な思考と深く結びついている可能性があります。


気になる彼がよく取っている仕草に、どんな意味が込められているのでしょか?
心理のすべてが仕草に込められているわけではありませんが、彼の心理を知るきっかけになるかもしれません。



にこやかな男性

Rido/shutterstock.com




腕組み


腕を組んでいるときは、相手や今いる場所に警戒心を持っている状態であることがあります。
相手の出方をうかがっていて、相手に対して心を開いていないときにも腕組みをしやすいです。


また、緊張する場面でも腕組みはしやすい傾向があります。
初めての相手との会話や、会議や発表の場面などでも見られる場面が多いです。


腕組みそのものは、悪い仕草ではありません。
しかし、会話をする相手やその場の状況によっては、相手に良くない印象を与えてしまうこともあります。


首の後ろに手をかける


首の後ろに手をかける動作は、少し困りごとを抱えていたり、プレッシャーを感じていたりする場面で取りやすい仕草です。


仕事の場面だけでなく、プライベートでもこの仕草は見られます。
「参ったな」「困ったな」と声に出さずに動作として現れているのです。


いつもにこやかで誰にでも優しい男性も、内心苦手だと思っている人はいるもの。
ニコニコと愛想よく接していても、内心困っているときなどに、無意識に後ろ首に手を置いているということもあります。


指の骨を鳴らす


指を触るときは、どこか不安を抱えているのかもしれません。
幼少期に親や兄弟と手をつないで歩いたときの安心感を無意識に呼び起こしている可能性があります。


指の骨を鳴らすときも、不安を感じているときに行いやすい行動です。
しかし、骨の音を鳴らすときは、自分の力を誇示したいという気持ちが表れているサインであることもあります。


漫画やアニメのワンシーンでも、指の骨を鳴らす場面がありますよね。
その際のシーンを思い出してみるとわかりやすいと思います。


スマホいじり


スマホいじりは、あまり良い印象を持っていない女性が多いのではないでしょうか。
せっかくのデートやお家でのリラックスタイムのときに、もっと他にすることがあるはずなのに、スマホをいじられると少し残念な気持ちになってしまいますよね。


男性がスマホをいじるときは、退屈しのぎだけでなく、楽しいことを探したい気持ちがあるケースがあります。


会話がないなら明日のデートはどこに行こうかと、どこか面白そうなところを検索しているのかもしれません。


貧乏ゆすり


貧乏ゆすりは、一緒にいる女性はもちろん、他人であってもやめてほしいと思ってしまう行動の1種です。
貧乏ゆすりはストレスをため込んでいる時に取りやすい仕草と言えるでしょう。


仕事はもちろん、周囲の環境に変化などに対してもストレスを感じやすい男性が貧乏ゆすりをしやすいようです。


貧乏ゆすりをやめるように言ってもなかなか治らないのは、ストレスをため込みやすい体質だからかもしれません。


口元を触る


口元を触る仕草は、安心したいと感じているときに現れやすいです。
何らかの不安な出来事を抱えているとき、口元を触っていることがあります。


男性によって不安の解消方法は、さまざまあります。
友人関係や会社の同僚である場合は、悩みを聞いてあげるのも良いですね。


1人で考えられる環境を整えてあげるのも、1つの手段だと思います。
相手の性格などを考慮して、少し手助けしてあげましょう。


【まとめ】彼のサインを見逃さないで!



スマホを見る男性

Josep Suria/shutterstock.com



男性は「不安」や「緊張」といった気持ちをなかなか正直に口に出せないものです。
しかしその心理が、仕草となって表面に出てくることも。
そのサインを見逃さずに、さりげなくケアしてあげてください。
「この人は自分の気持ちをわかってくれる」と、彼に好印象を持ってもらえるはずです。

《KOIMEMO(コイメモ)》

特集

page top