47歳・高岡早紀のスッピンに驚きの声…「長嶋一茂かと思った!」 | NewsCafe

47歳・高岡早紀のスッピンに驚きの声…「長嶋一茂かと思った!」

芸能 まいじつ/entertainment
47歳・高岡早紀のスッピンに驚きの声…「長嶋一茂かと思った!」

(C)まいじつ 


女優の高岡早紀が7月28日、自身のインスタグラムを更新。自宅でカラーリングする姿を公開した。


【関連】長澤まさみに“劣化疑惑”!?「老けた」「誰か分からん」と心配の声続出… ほか

高岡は《自宅にて。今夜はカラーリング。ナチュラルアッシュにしてみます》とつづり、黒のキャミソール姿を披露している。








胸元が無防備な1枚に、ファンからは、


《相変わらずセクシーですね。ごちそうさまでした》

《お肌がトゥルンとして本当にきれい。鎖骨もセクシー!》

《カラーリングの仕上がりが楽しみです。お美しいです》


などのコメントが寄せられていた。


年相応になった高岡早紀に衝撃を受ける人々


しかし一方で、髪をオールバックにしたすっぴん顔に衝撃を受けた人も多かったよう。


《長嶋一茂かと思った!》

《当然だけど、すっぴん顔は普通に47歳だなぁ》

《いい年して何がしたいんだろう? 風俗嬢の宣材写真じゃあるまいし…》

《なんかこういうスゴい怖そうなオバさんいますよね…》


などの声も上がってしまった…。


「全盛期には推定Gカップの巨乳を誇っていた高岡ですが、ここ2年くらいで明らかに胸が小さくなったといわれています。今年3月にインスタグラムに投稿された写真では、自慢の胸の膨らみもすっかり影を潜め、Vネックの胸元には谷間すら見えませんでした。おそらく今では、Bカップ程度しかないと思いますよ」(グラビア誌ライター)








1995年に発売された写真集『one,two,three』では、爆乳とタワシのような剛毛を惜しげもなくさらし、ファンを歓喜させた高岡。アラフィフになった今でも熟女ヌード写真集の発売を求める声も多いが、しぼんでしまった胸では本人のOKは厳しいかもしれない…。




《まいじつ》

特集

page top