目が合ってもそらさないのはなぜ?見つめる男性の特徴と心理は? | NewsCafe

目が合ってもそらさないのはなぜ?見つめる男性の特徴と心理は?

恋愛 KOIMEMO
 目が合ってもそらさないのはなぜ?見つめる男性の特徴と心理は?

人と目が合うのってきまずいと思うことが多いですよね。
じっと見つめ合うのも変なので、さりげなく目をそらすのが普通です。


しかし、あえて目をそらさずに見つめ続けられることもあります。
とくに男性の場合、どんな心理から見つめているのかどきどきします。


まずは男性の視線が好意の場合と敵意の場合について紹介します。



見つめ合う 男女

WAYHOME studio/shutterstock.com




好意の場合


好意にはいろいろな種類があります。
友だちになりたい、彼女にしたいなどです。


視線の相手がよく話す人の場合、問題ありません。
相手と友好な関係を築けている印です。


あまり話したことのない場合は、判断が難しいですね。
これから仲良くなりたいのかもしれないし、嫌われているのかもしれません。
積極的に話す機会をつってみて、快く受け入れてられたら好意でしょう。


初対面では好意の場合がほとんどです。
一目惚れをうまく伝える方法の1つが視線です。


敵意の場合


敵意を向けられているとき、自分では原因が何かわからないことが多いです。
なんとなく嫌われてしまったり、気づかないところで傷つけてしまっていたりすることもあります。


意外なものごとが敵意の原因になることもあります。
仕事上やプライベートで成功していませんか?
もしかしたら妬まれているかもしれません。


その人が悪口を言われている場に居合わせていませんでしたか?
あなたが中心になって悪口を言っていると勘違いされているかもしれません。


敵意の場合は、あなたに原因がある場合もない場合もあります。
あまり気にしすぎずにきぜんとした態度でいましょう。


好意か敵意かは視線の種類で判断できる


好意や敵意について大まかに紹介しましたが、実際には2種類だけでは分類できません。
もっと詳しく判断するためには、相手の視線に注目しましょう。


あなたを見る時の相手の目はどんな風になっていますか?
アツい視線、愛想がいい視線、優しい視線、無感情な視線、睨むような視線、探るような視線など視線にはいろいろな視線があります。


「目は口ほどにものを言う」と言いますが、その通りです。
相手の視線から相手の気持ちを分析して判断していきましょう。


【まとめ】原因と視線の印象で判断を



好意的

Hrecheniuk Oleksii/shutterstock.com



じっと見つめて目を離さないのは、好意のサインかもしれませんが、反対に敵意かもしれません。
彼との関係から原因を探り、視線から感じる印象を分析することで意味が分かることもあります。
思い当たることがなければ気にし過ぎず、気になるのであれば一度自分から話しかけてみましょう。

《KOIMEMO(コイメモ)》

特集

page top