値下がりする原因は何?ペットショップの犬が安くなる理由とは一体!? | NewsCafe

値下がりする原因は何?ペットショップの犬が安くなる理由とは一体!?

動物 MOFMO
 値下がりする原因は何?ペットショップの犬が安くなる理由とは一体!?

ブリーダー・ペットショップ・保護施設・知人から譲り受けるなど、犬を購入する方法はそれぞれですが、日本で飼育されている犬の80%はペットショップから家庭に迎えられているそうです。


それだけペットショップというのは、日本の愛犬家にとって身近な存在なわけです。確かに大きなショッピングモールには、かなりの確率でペットショップが入っていますし、動物を販売しているコーナーがあるホームセンターも多いですよね。


ですから、何気なしに展示されている動物達を見によったり、お気に入りの犬種の値段をチェックする機会も多いと思います。


そこで、可愛い子犬の下に、大きく”セール”と書いてあり、異常なほどの低価格が表示してあったり、少し成長したような子に、”大幅値下げ”とあり、販売価格が訂正されて表示されるのを見かけたことがあることでしょう。


そして、「何でこの子は平均よりも低価格で販売されているのだろう?」「犬が安くなる理由って何だろう?」と疑問に感じられたことはないでしょうか?実際多くの方が、そのように感じておられるようです。


ですから今日は、そんな方々の疑問に答えるべく”ペットショップで犬が安くなっていく理由”を、じっくりと紐解いていきたいと思います。


それに付随して、そもそも犬の値段はどうやってつけられているのか、さらに、ペットショップならではの価格設定の基準などもご紹介したいと思います。


ペットショップで売られている犬が安くなる理由



走り回る可愛い犬

Oleksiy Rezin/shutterstock.com



近所にあるペットショップで、最初はガラスケースに入れられて展示されていたのに、どんどん値段が下がり、最終的に誰でも触れる状態で販売されていたワンちゃんがいました。


きっと、日本にあるペットショップのうち、多くの店舗で見られている光景かもしれません。命のない物ならば、セールや値下がりをお得に感じることもありますが、犬は生き物ですので、安ければ良いとは簡単に考えることはできませんよね?


むしろ、値下がりすると不安感や不信感が湧いてくるのではないでしょうか?でも商品である以上、お店に利益を生むような値段がつけられ、販売価格が状況や売れ行きによって変動もするのです。


そんなシビアな現実を踏まえて、ペットショップで販売されている犬の値段が下がる3つの理由をご説明したいと思います。


月齢が高くなった



年老いた犬

Kateryna Ovcharenko/shutterstock.com



ペットとして迎える犬をイメージする時、皆さんの頭に浮かぶのは”小さな子犬”ではないでしょうか?実際、ペットショップで一番人気があるのは、生後2ヶ月〜3ヶ月の子犬たちです。


犬はあっという間に大きくなってしまうので、可愛い盛りのパピー期をできるだけ味わいたい、スポンジのような頭をしている小さな時から、きちんとしつけをしていい子に育てたいと願うのはもっともなことです。


しかもその時期は、ただ可愛いというだけではなく、遊びを通してお互いの力関係やコミュニケーションの取り方、やってはいいことといけないことなどを認識したり、今後の人生に関わる社会性を身につける大事な時期でもあります。


子犬は生まれてすぐの新生子期(生後0〜2週間)くらいは、五感が発達する時期で、母親に頼り切って過ごします。その後の移行期(生後2週間〜4週間)になると、体温の調節も自分でできるようになり、母親から少しづつ独立していきます。


この頃には、尻尾を振ったり吠えたり、犬らしい動きも見せ始めます。社会化期(生後4週間〜12週間)にもなれば、母親から離れてあちこちと歩き回るようになり、他の犬とじゃれあったり、好奇心旺盛に冒険に出かけていくようになります。


感受性の強いこの時期に、色々なものを見たり聞いたり経験したり、親兄弟や他の動物と触れ合うことによって、生きるための適応力を身につけていきます。そして、生後12週を過ぎると社会性を学ぶ扉がパタリと閉じてしまうそうです。


このように子犬の成長には、母犬と一緒に過ごすべき時、社会性を身につけるべき時と、ペットとして迎えるにふさわしいタイミングが確かにあるのです。


法律でも、生後49日未満の犬を販売することは禁止されており、精神的に落ち着いた活発な犬になるためには、然るべき期間は親元に止まらせることが義務付けられています。


ですから、ペットショップにくる時点で生後約2ヶ月になっており、社会性を学ぶ扉が開いている生後3ヶ月までの子犬は、お店にとっても絶好のおすすめ時期となるわけです。


重要が多ければ値段が高くなり、少なければ値段は下がっていきます。ですから、多くの飼い主が欲しがる生後2ヶ月〜3ヶ月の子は当然高い値段がつき、3ヶ月を過ぎた子犬たちは、月齢が上がるたびに売れる確率が下がるので値段は下がっていきます。


しかも、ペットショップ側としては、子犬がお店に長くいればいるほど、食費や管理費がかさんでいくので、犬の値段を安くしても、できるだけ早く新しい飼い主さんに出会って欲しいと願うのです。


容姿がスタンダードから外れている



可愛い犬

Veronika 7833/shutterstock.com



犬のスタンダードとは、日本語にすると”犬種標準”で、犬種ごとに定められた標準的な容姿の基準のことを指します。


つまり、犬を分類しやすくするために決められた、見た目に関する細かな決め事のことです。このスタンダードがあることによって、ダックスフンドやドーベルマンなどの犬種名を聞くと、皆が同じイメージを抱き、共通理解のもとに話を進めることができます。


このスタンダードがないと、胴長の犬、黒い犬、などと漠然とした表現になってしまいますが、頭・目・鼻・口・耳・首・肩・胴・腰・前脚・後脚・尾・被毛など、体の全てのパーツの形や色を、犬種ごとに定義することによって明確に分類することができるのです。


そしてどの犬種も、スタンダードに近いほど容姿が良い犬とされます。ダックスフンドなら、胴が長く足が短いという、手足が長い方が美しいとされる人間の一般的な美の感覚とは外れていても、その犬種の特徴がしっかりでた犬の方が美しいとされるのです。


犬の値段の8割は、ルックスでつけられると言われていますので、スタンダードに近いグッドルッキングな子犬は高くなり、スタンダードから外れた子は安くなります。


もちろんスタンダードから外れているからといって、身体的に欠陥があるわけではありません。むしろ個性があって良いと感じる方や、自分の好みにぴったりと感じる方もおられるでしょう。


しかし、多くの人に好まれる容姿ではないので、元々の価格設定も低くなり、月齢やペットショップにいる期間に応じてどんどん安くなっていきます。


欠点がある



片方の耳がたれてる犬

xkunclova/shutterstock.com



ここでは、体の一部が正常ではないことを欠点と呼ばせていただきますが、販売する時点で、子犬に何らかの欠点があることが判明した場合、価格を下げることが多いです。


例えば、上顎より下あごが出ている受け口であったり、地面に接しない爪があったり、尻尾が曲がっていたり、ミスカラーと呼ばれるその犬種本来の被毛の色とは異なる色が一部に生えている場合などです。


これらは欠点とはいっても、日常生活にほとんど支障はなく、深刻な病気を引き起こすこともまずありません。しかし、正常ではないことは事実ですので、やはりリスクを考えると平均価格よりは下げざるを得なくなります。


他には、でべそや停留睾丸なども時々見られる欠点ですが、将来的に手術が必要になることもありますので、値段を下げるだけではなく、症状や必要になる治療、かかる費用などをお店側はきちんと説明するべきでしょう。


しかし、悪質なショップの中には、真実を全て伝えなかったり、まるで大したことがないようにリスクの説明は全くしないこともありますので、月齢もすぎておらず、スタンダートにも当てはまる子犬が、あまりに安く売られている場合は注意が必要です。


子犬を安く購入したとしても、病院代や薬代の出費が絶えないということもあり得るということです。犬の治療費も手術費用も、かなり高額になりますので、そのリスクはきちんと考えるようにしましょう。


一緒に住み始めたら、情も移り、家族同様の存在になります。経済的な負担だけでなく、心配や気苦労、看病にかかるエネルギーや時間など様々ことを冷静に考慮してから、責任を持って自宅にむかえるようにしましょう。


ここまでで、「月齢が高くなった」「スタンダードから外れた容姿をしている」「欠点がある」という3つの理由で、ペットショップで販売されている犬の値段が安くなっていくのかお分りいただけたと思います。


安いことにはそれなりの理由がありますので、ペットショップの人に納得いくまで尋ねるなど、きちんと理由を確認し、それでも家族として迎え、一生面倒をみる決意をしてから購入するようにしてください。


犬の値段の付け方



可愛い犬

Mary Rice/shutterstock.com



付いている値段から下がることについてここまで考えてきましたが、そもそも、子犬の値段はどのようにしてつけられているのか皆さんご存知ですか?


犬種別によって値段が違うのは皆さんよくご存知だと思います。犬にも流行がありますので、ブームがきていれば価格は高騰しますし、飼いやすい犬種として安定した人気があればそれなりの値段がつくのも納得ですよね。


つまり、犬種別に平均価格があり、時代の流れによって価格が変動するのです。


日本で1番人気がある犬種は「トイプードル」で、30万円〜50万円くらいで販売されています。第2位の「チワワ」は15万円〜25万円で、第3位の「ミニチュアダックスフンド」は20万円〜30万円ほどで販売されています。


ここで不思議に思われるのは、なぜ同じ犬種でこれだけ価格の差があるのだろうということかもしれません。トイプードルでは20万円の差がありますよね?


同じ犬種であっても価格に差が出るのは、子犬を評価する細かい基準があり、その基準に一頭一頭を照らし合わせて、より多くの条件が整えば高額をつけ、逆に基準からずれればずれるほど減点していくからです。


先ほどご紹介した、犬の容姿を判断する基準となっている「スタンダード」に近い考え方ですが、子犬の価格査定では、容姿を評価する観点だけではなく、健康リスクなど生命体としての優位性を評価するポイントも含まれます。


特に健康面はとても重視され、遺伝的リスクが高い子や、病気の発症リスクが高い子の場合は、一生付き合うことになるだけに、デメリットがシビアに値段に反映されます。


容姿面では、スタンダードに近ければ近いほど良いとされ、被毛の色やスタイルが人気のタイプであればあるほど高値がつきます。


人間でも、元気であることが何より大事であるように、子犬も、血統から遺伝疾患がないことがはっきりしており、良好な健康状態の子犬が何より良いとされるのです。


それから、ペットとして愛らしいと多くの人が感じる容姿をしていれば、人気者として扱われ、犬種の平均価格よりも高いお値段で売り出されるのです。


ペットショップで販売されるまでの流れ



ペットショップで犬を購入

YAKOBCHUK VIACHESLAV/shutterstock.com



冒頭でも、日本のペット犬のうち80%はペットショップで購入されていることに触れましたが、ペットショップでは子犬が展示されているだけで、母犬はいませんよね。


そこでここからは、どのようにしてペットショップで子犬が販売されるまでの流れについて簡単にご説明したいと思います。


大手のペットショップメーカーを含め、通常、ペットショップでは自社繁殖を行うことはありません。自社で繁殖させる代わりに、ブリーダーが繁殖した子犬を仕入れて、店頭で販売する方法を取っています。


契約ブリーダーから直接仕入れることもありますし、複数のブリーダーが子犬を出店しているオークションから仕入れることもあります。


オークションは、言葉的にあまりイメージが良くないかもしれませんが、犬の競り市みたいなもので、直接仕入れるよりも低価格での取引が行われています。


複数のブリーダーの抱えている犬を一気に見ることもできますし、出展頭数などが多ければかなりの安値になるので、できるだけ良い状態の子犬を安く仕入れたいペットショップにとってメリットが多いようです。


一方ブリーダーは、犬を繁殖しますが、お客様となる飼い主との直接的な販売経路がないので、流通経路としてペットショップを利用しています。


販売するとなると、飼育環境の整備やドックフードや医療費など、子犬を生みだすためにかかる費用に加え、広告費などのコスト、ホームページの作成や撮影などの手間など、ブリーダーが背負う負担が増します。


そこで、両者にとってウィンウィンになる販売方法が確立されたようです。しかしこのようなペットビジネスが確立されてしまったことで、少なからず弊害も出てきています。


ブリーダーの中には、パピーミルと呼ばれる悪辣な環境で乱繁殖を行い、犬のことを営業道具としか見ていないような業者や、卸売価格が安価になることによって、仕方なくとはいえ、整っていない飼育環境での飼育を行なっている業者もいます。


ペットショップ側にも、安価であることを重視した仕入れを行い、子犬の健康状態や精神状態などを全く気にせずに取引を行い、その子を一生面倒見ることになる飼い主さんにも説明しない者もいます。


もちろん、健全で質の高い子犬を算出するために、一生懸命努力しているブリーダーさんも多いですし、責任感を持って仕入れを行い、お客様にも犬にも誠実に対応しているペットショップがほとんどです。


ですから、不必要に懐疑的になる必要はありませんが、子犬たちのいるケージがきちんと掃除されているか、犬たちは生き生きしているか、何かを質問した時に店員さんの対応などをチェックして、ペットショップの質を見定めることをおすすめします。


生まれてすぐどのような環境にいたか、生後3ヶ月までにどんな扱いを受けてきたかは、その犬の健全な成長に大きく関係するので、その子を引き取り、お世話をしていたペットショップが信頼に値するかはぜひ知っておくといいと思います。


大手チェーンでも、各店舗によって差もあると思いますので、いい意味でも悪い意味でも先入観を持たずに、自分の目で確かめましょう。


まとめ



飼い主に愛される犬

Bogdan Sonjachnyj/shutterstock.com



ペットショップの裏側を覗くような内容もありましたが、いかがだったでしょう?今までは、可愛いな?と眺めていた子犬達の色々なことが、今後気になるようになるかもしれませんね。


大事な命である子犬ですが、商品でもあるという複雑な状況なのです。生き物である犬に値段をつけて商取引をすることに関しては、賛否両論様々な意見があると思います。


ただ、ペットショップで販売されている子犬達は、お店で新しい家族に出会い、大事に育てられてその後の人生を幸せに暮らしているケースがほどんどですし、犬を飼いたいと思う多くの人もペットショップを頼っているのも事実です。


《MOFMO》

特集

page top