たった5分で出来る、禁断のチーズフォンデュがウマすぎて食欲が止まらない事態に | NewsCafe

たった5分で出来る、禁断のチーズフォンデュがウマすぎて食欲が止まらない事態に

面白ネタ・雑学 秒刊サンデー/雑学

image:秒刊SUNDAY

チーズフォンデュが美味しいのは周知の事実ですが、材料と調理器具を揃えて作ろうと思うとなかなかハードルが高いですよね。しかしハウス食品さんの公式ツイッターが、実に簡単且つコスパ抜群にチーズフォンデュを作る方法を教示されていました。見る限り本当に簡単に作れてしまいそうなので、材料を揃えて作ってみることにしました。

ハウス食品さん直伝「禁断のチーズフォンデュ」がめちゃくちゃ美味そう!

「禁断のチーズフォンデュ」を作るのに必要な材料はたったの3つ!カマンベールチーズ、皮つきソーセージ、そして「禁断の黒胡椒」だけなんです!それにしても美味しそうでお腹が減って仕方がないのでさっそく作っていきます。

「禁断のチーズフォンデュ」を作ってみる

材料は先ほどもお伝えした通りたったの3つだけ。

材料(2~3人前)

・皮つきソーセージ 1袋

・カマンベールチーズ(切れていないもの) 1個

・ハウス「禁断の黒胡椒」 大1/2

せっかくなのでソーセージは、以前ももクロのCMで話題になった「ごてあらポー!!」でおなじみの「御殿場高原あらびきポーク」を使用します。このソーセージはそのまま食べてもウマいので、チーズと合わせても間違いないはず。カマンベールチーズも「明治十勝カマンベール」という最強トリオで挑みます。

ちなみに「禁断の黒胡椒」は売れすぎているらしく(店員さん談)品切れのスーパーが続出!筆者も4件目でようやく手に入れることが出来ました。なんてことを言っていると宣伝感が出てしまうのですが、実際に足を運んで調査した結果です。(メーカーさんから提供してもらえるくらいのインフルエンサーになれるもんならなりたいよね・・・)

気を取り直して調理を開始します!まずはソーセージにラップをして600Wの電子レンジで2分ほど加熱するのですが、ソーセージの種類や量で加熱時間が変わってくるので気を付けてくださいね。(レンチン調理不可のソーセージも多いです)

ソーセージを加熱している間に、袋から取り出したカマンベールチーズ上部の固い部分をナイフや包丁を使い切り取ります。例えて言うなら缶詰のふたの部分を刃でこそぎ取る感じ。

次に上部を切り取ったカマンベールチーズを600Wの電子レンジで40秒加熱したら、トロトロになっているチーズに禁断の黒胡椒大1/2を思い切って混ぜます!なんとなく見た目はカニみそみたいですね・・・

混ぜたら30秒追加加熱します。チーズがあふれ出るくらいに加熱出来ているはずですが、加熱が足りなければ10秒づつくらい様子見で加熱してくださいね。

最後にチーズの周りに加熱したソーセージを並べたら、あっという間に完成です!少しソーセージが多かったことは気にしないことにします。

「禁断のチーズフォンデュ」を実食してみます

もう匂いから見た目からウマそうという感想しかありませんが、実食してみます。もうガマン出来ません!たっぷりチーズをくぐらせて、いっただきまーっす!!

チーズがトロ~り、ソーセージがパキっ!!という状況と同時に口の中がチーズの豊満な香りと黒胡椒のピリリとゴマ&にんにく風味が一気に襲ってきます!!当たり前すぎる感想だけど、ウマい!ただただウマい!ジューシーで食べ応えのあるソーセージとチーズだけでもウマいのに「禁断の黒胡椒」を混ぜることで数倍パワーアップしました!

見た目はちょっとだけグロくなるのですが、おつまみとしてはスカウターがぶっ壊れるほどの戦闘力がありそうです!ビールにめちゃくちゃ合いそうなのですが、今夜は甘めのチューハイでいただくことにしました。

200g以上あったソーセージはものの数分で胃袋の中に消えました。さすがは自ら「禁断」を名乗ってしまう「禁断の黒胡椒」といったところなのですが、ハウスさんのホームページに別のレシピがあるので近いうちにそちらも試してみるつもりです。今回も美味しく出来ました、ごちそうさまでしたー!!

今回はおつまみでしたが、ソーセージでガッツリご飯を作りたいという方はこちらをご覧ください。

source:ハウス食品公式ホームページ

画像掲載元:SS.ナオキ


《秒刊SUNDAY》

特集

page top