【ネタバレあり】結末を知らないおっさんが「鬼滅の刃21巻」を読んで覚えた3つの不安 | NewsCafe

【ネタバレあり】結末を知らないおっさんが「鬼滅の刃21巻」を読んで覚えた3つの不安

面白ネタ・雑学 ロケットニュース24

【ネタバレあり】結末を知らないおっさんが「鬼滅の刃21巻」を読んで覚えた3つの不安


2020年5月18日発売の週刊少年ジャンプ24号にて、4年3カ月に及ぶ連載を終えた鬼滅の刃。カフェやコンビニは当然として、回転寿司までもが鬼滅とコラボを果たすなど、もはや社会現象と呼んでも差し支えない爆発的大ヒット漫画作品である。


その鬼滅の刃のコミック最新刊21巻が発売されたのは7月3日のこと。鬼滅の刃の結末を知らない私、P.K.サンジュンは、つい先ほど21巻を読み終えたのだが、率直に申し上げて3つのことが不安になった。というか、ここから本当に最終回まで持っていけるのかよ……!


・ネタバレ注意
最初にお断りしておくと、この記事には21巻の内容がモロに含まれている。なので「まだ21巻は読んでいない!」という方は、ぜひともこちらで引き返していただきたい。後から「知りたくなかったー!」なんて言うのはナシだぞ☆


さて、20巻の終盤で上弦の壱「黒死牟(こくしぼう)」を撃破した鬼殺隊。21巻の冒頭では、黒死牟撃破に命を賭した時透無一郎(ときとう むいちろう)と不死川玄弥(しなずがわ げんや)の最期が描かれている。どれだけ魅力的なキャラでも容赦なく屠っていく凄みもまた、鬼滅の刃の大きな魅力の1つだ。


で、上弦の壱を倒したいま、敵は大ボス「鬼舞辻無惨(きぶつじ むざん)」を残すのみとなった。それ自体はわかり切っていたことだし、私も含め多くの人が心の準備をしていたように思う。だがしかし、21巻を読み終えた今、私は不安で不安でたまらない。なぜなら……!


・不安その1:「本当にあと2巻で終わるのか?」
鬼滅の刃大好きっ子(私の妻の妹)によれば「鬼滅の刃」は23巻まで、つまりあと2巻で完結するという。鬼滅の刃は異常なほど展開が早く、出し惜しみが一切ない作品であることはわかっている。わかってはいるが、本当にあと2巻で終わらせ切れるのだろうか?


というのも、21巻でついに大ボス戦が始まったものの、当の無惨はピンピンしている。いや、鮮度的にはピンピンどころか “ピッンピッン” だ。つまり、現段階では弱点の気配が微かにも感じられないというワケ。ここから無惨を打ち負かす未来が誰に描けるというのだろうか?


とはいえ実際に鬼滅の刃は最終回を迎えているのだから、やはり終わるには終わるのだろう。吾峠呼世晴先生を疑うワケではないが、本当にあと2巻で多くの人が納得する終わり方ができるのか、不安でならない。


・不安その2:「対無惨のメンバーが心細すぎる」
これは理由1にもリンクしているのだが、現在のメンバーだけで大ボス無惨を倒すことはできるのだろうか? 現段階で無惨に挑むのは、冨岡義勇(とみおかぎゆう)、甘露寺蜜璃(かんろじ みつり)、伊黒小芭内(いぐろ おばない)、悲鳴嶼行冥(ひめじま ぎょうめい)、不死川実弥(しなずがわ さねみ)の柱5名。さらに炭治郎と愈史郎を加えた計7名だ。


これまでなら「柱がこれだけいれば何とかなるやろ……!」と思えていたところだが、なにせ相手はあの無惨(しかもピッンピッン!)。さらにどの柱も対無惨はラウンド2となるため、満身創痍での戦いを強いられている。どう考えても「このメンバーじゃキツイやろ……」と思わざるを得ない。


ここにメンバーが加わるとすれば、禰豆子・伊之助・善逸あたりなのだろうが、それにしても……ねえ? ぶっちゃけ、首を切るどころか太陽が昇るまで1時間半の時間稼ぎすら厳しいのではないだろうか? 無惨が本気出したら秒でやられそうだもの……。


・不安その3:「蛇柱、伊黒に見せ場はあるのか?」
鬼滅の刃を語る上で柱の存在は絶対に欠かせない。強さや技は当然として、それぞれの柱に隠された過去や、そこから透けて見える人間性がとにかく魅力的なのだ。既に殉じた元柱、煉獄杏寿郎(れんごく きょうじゅろう)や胡蝶しのぶも、非常に魅力的なキャラとして死んでいった。


そして現在までに最も素性が明らかになっていないのが、蛇柱の伊黒小芭内である。柱なのだから伊黒の実力を疑っているワケではないのだが、無惨が相手とはさすがに分が悪すぎやしないだろうか?


いや、正直に告白してしまおう。私は柱が登場した直後から心のどこかでこう思っていた。「炎・音・恋・岩・霞・水・蟲・風・蛇……え、蛇?」と──。蟲は作中で “毒” と同義的な意味だからまだわかる。が、水や炎、風と比べて “蛇”は、あまりにも頼りない。


しつこいようだが、柱なのだから実力があるのはわかるし、私自身そう強く信じたい気持ちもある。……が、無惨相手に蛇がどこまでやれるのかについては、正直不安の方が大きい。結果的に伊黒が「1人だけ見せ場が無かった柱」になってしまわないか、かなり不安だ。


前巻(20巻)を読み終えた際は、連載が終わってないこともあり「続きが楽しみだな~」と純粋に思えた。……が、ケツが決まった状態で読んだ21巻は上述した通り不安が大きい。ここからあと2巻で終わらせるとか、どんな超展開なんだよ……!


というわけで、自分では「そこまでハマっていない」と言い張るおっさんですらこの様子なので、やはり鬼滅の刃はとんでもない作品だ。残り2巻で鬼滅の刃はどんな結末を迎えるというのか? 次巻となる第22巻は10月2日の発売が予定されている。


参考リンク:鬼滅の刃公式ポータルサイト Amazon「鬼滅の刃第22巻」
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.


《ロケットニュース24》

特集

page top