触れあいナシでイク体験?音だけでできる脳イキのやり方、鍛え方 | NewsCafe

触れあいナシでイク体験?音だけでできる脳イキのやり方、鍛え方

恋愛 KOIMEMO
 触れあいナシでイク体験?音だけでできる脳イキのやり方、鍛え方

脳イキって何?



ベッド

pixabay.com



イクと言えば、セックスやオナニー中に色々なところをいじりながら興奮度を高めて高まった瞬間に大きな波が瞬間的に押し寄せて、そのまま引いていくもの、という認識が強いかもしれませんが、脳イキというのは少し違います。


脳イキとは、色々なところをいじりながら、という工程がありません。


つまり、脳イキは触れられずともイクことなのです。


触れないでどうやってイクの?と思うかもしれませんが、脳イキは音声などで触覚を駆使せずにイクものであるため、触れる、いじる、という工程は必要がないのです。


脳イキは男性も女性もある程度鍛えたらできるものでもあります。


ではどうやれば、脳イキができるようになるのでしょうか?


今回は脳イキに一時期ハマりにハマっていた私が、上手に脳イキができるやり方や、鍛え方を紹介します。


脳イキができたら普段のセックスでもとても感度が上がるので、セックス中の感度を上げたい、という人も是非参考にしてみてくださいね。


脳イキをするために必要なもの



ベッド

pixabay.com



脳イキはできるようになれば何もなくても、自分の妄想だけでイけるようになるものではありますが、最初から脳イキを自分の妄想だけで行うのは大変難しいため、道具を用意しましょう。


道具と言っても、大人の玩具とか、アダルトビデオではありませんよ。


脳イキをするために必要なものは、


・催眠オナニー用音声


これになります。


催眠オナニーって聞いたことはありませんか?


この催眠オナニーこそ、脳イキをするために使用したい音声であるため、是非自分の好きな声の音声を見つけて頑張ってみましょう。


催眠オナニーとは



pixabay.com



催眠オナニーとは、催眠術を駆使したオナニーです。


といっても、怪しいものではありません。


字面はとても怪しいですし、この時点でうさん臭いのですが、催眠オナニーは脳に暗示をかけるオナニーであるため、脳が快感を音声だけ得られ、脳イキするにはぴったりなオナニーでもあるのです。


脳イキは一種の催眠体験でもあるため、催眠オナニーが脳イキに最適であるというのは間違いありません。


ただし、脳に暗示がかかりやすい人、かかりづらい人といるため、誰でも最初から脳イキできるわけではないということは覚えておきましょう。


催眠オナニーは読み手との相性(声の相性)、その時の自分の状態なども関係して、イキやすくなったりイけなくなったりもします。


落ち着かない場所で催眠オナニーをしてももちろん、イケることはありませんし、なんだか声がイラっとする、というような感想を抱いてしまう読み手であってもイケることはありません。


また、最初から「暗示になんてかかるわけないじゃん」という気持ちで行っても、脳イキしづらくなるので注意しましょう。


催眠オナニーはリラックスした状態になるように最初、暗示をかけるところから始まりますが、ここでリラックスできなかったり、気になることがあって集中できないという状態に陥ってしまっても、勿体ない結果に終わってしまうため、催眠オナニーをする際は全て用事が終わり、しばらく特に動かなくても良い状態にしてから行うようにしましょう。


催眠オナニー音声自体は、ネットで検索したら出てきますが、中には粗悪品もあるので注意しましょう。


有料のものであると、ある程度安心できます。


また、催眠オナニー音声はレビュー記事も沢山あるため、レビュー記事を見てから購入するのでもいいでしょう。


脳イキをするための方法



bed arm

pixabay.com



脳イキをするための方法としては、催眠オナニー音声に従う以外ないのですが、従う時は自分で言われたことを思い込む努力が必要になります。


一度、催眠音声で脳イキを味わえたり、暗示にかかりやすくなれば言われたことを思い込む努力は特に必要ありませんが、できるまでは言われた通り、「右手が重くなった」と言われたら「右手が重い!」と自分でも思うようにしましょう。


また、音声に対しての不信感は持たないようにします。


実際のセックスでも、不信感がある相手とのセックスは、想像するだけで全く気持ちよくありませんよね。


催眠音声も同じで、不信感を持てば脳イキは遠くなってしまいます。


その時間だけは、自分をゆだねる気持ちで、催眠音声を聞くようにしましょう。


「音声だけで脳イキできるなんて、あるわけない」


こういった気持ちがあるといつまでも脳イキできません。


自分から暗示にかかっていくようにしましょう。


また、部屋も薄暗くしておくと、より暗示にかかりやすくなるためおすすめです。


リラックスできるアロマを焚いても良いですね。


また、ムラムラしている時に行うのも効果的です。


ムラムラしていると、些細なことでも妄想力を掻き立てられ、触れていなくてもどこか気持ちが良いような気がしてくるものです。


ムラムラしている時こそ、脳イキには最適な環境と心得、脳イキを体験するためにムラムラしたら催眠音声を試すことを繰り返すと、催眠音声で脳イキしやすくなります。


脳イキするための脳の鍛え方



ベッド

pixabay.com



脳イキするためには、脳も鍛えておくと更に脳イキしやすくなるためおすすめです。


脳イキは脳が感じて高まった時に体験することのできるものであるため、そこまでの高みに上り詰めるための「妄想力」を上げていきましょう。


脳も使わなければこりかたまります。


かちこちの脳で、脳イキするのは至難の業です。


といっても、脳をほぐすといったって、ストレッチしようがない箇所でもありますから、どうほぐしたらいいのかわかりづらいですよね。


そこでおすすめしたい脳の鍛え方、それが「小説」になります。


脳イキと小説、一見全く違う分野に思えるかもしれませんが、この2つには共通しているものがあるんです。


それは、どちらも「頭の中で思い描くことをする」という点。


催眠オナニーでは、「〇〇を思い浮かべてください」というような支持がある場合も。


また、体のどこかに触れているという暗示もあるのですが、こういった暗示は実際、自分がされているところを思い描けなければ暗示にはかかりづらくなるでしょう。


小説も、思い浮かべられなければ物語に入っていきづらいですよね。


簡単な小説で良いので、できるだけ小説の情景を思い浮かべながら読むようにしてみてください。


これをするだけで、妄想力はかなり鍛え上げられます。


こんな簡単なことで、と思う人もいるかもしれませんが、これが中々できない人が多いのです。


ただ、この方法は小説に苦手意識のある人は取りづらい方法でもあるため、もっと簡単な妄想力の鍛え方も紹介します。


小説よりも簡単な、妄想力の鍛え方、それは電車やバス、歩いている時などに周りにいる誰でも良いので、アテレコをしてみる、というものです。


または、通りすがっただけの人のキャラ設定を妄想してみる、これだけで妄想力は鍛え上げられていきます。


最初はこれも、難しいと感じるかもしれませんが、段々繰り返していくと上手になりますし、脳がこりほぐされてきた感覚もわかるようになるでしょう。


柔軟な考えができるというのも、ほぐれた脳の条件なので、様々な面から物事を見るようにしてみるなどもおすすめです。


脳イキのために行いたいことではありますが、妄想力を鍛えることで、会話の中でも相手が言わんとしていることに気づけるようになったり、仕事での発想力も高まるため、頑張ってみる価値はあるかと思います。


脳イキをしやすい人、しづらい人の違い



ベッド

pixabay.com



脳イキの方法や、脳イキするために脳を鍛える方法を紹介しましたがここで、脳イキをしやすい人、しづらい人の違いも見てみましょう。


脳イキをしやすい人、というのは以下のポイントに当てはまる人です。


・感じやすい


・ムラムラしている時がある


・感じるポイントが多い


・セックスなどに意欲的


脳イキをしやすい人と言うのは、まず感じやすいんです。


感度はどうにもならない、生まれ持ったものなのではないかと思う人もいるかもしれませんが、それは違います。


感じやすい人と言うのは、セックス中に脳が働いていることが多い人とも言えるため、感じやすい人は脳でも感じているとも言えるのです。


そもそも、感度と言うのは脳が「気持ちが良い」と判断して感じるものですから、脳次第で同じ刺激でも感じたり、感じづらかったりするものですよね。


頭が良い人はエロい、と言われているのも脳がよく働いているからでしょう。


また、ムラムラしているかどうかも、脳イキをしやすい人のポイントです。


脳イキをしやすい状況はムラムラしている時であるため、ムラムラしない人であれば脳イキがしづらい状況にあるとも言えますよね。


ムラムラしづらい人と言うのは、エッチなことにあまり関心がない、または想像力、妄想力が足りなくてエッチなことを想像できるものが目の前にあってもムラムラしないような人です。


エッチなことにあまり関心がない人であれば脳イキに興味を示さないと思うので、ここでいうムラムラしづらい人は想像力、妄想力が足りない人となります。


ムラムラすることがあまりない人は、自分がどういうことに性的興奮を覚えるかまず自覚するために、セックス中でも良いので自分の興奮ポイントを探しましょう。


オナニーをするのであれば、どういったポイントで興奮して快感を得るか注目しながら行ってみるとわかりやすいと思いますよ。


脳イキをしやすい人のポイント「感じるポイントが多い」ですが、感じるポイントが多い人は肩でもとても気持ちが良いですし、膝の裏もポイントになったりもするため、とても敏感です。


気持ちが良い経験を知っているからこそ想像もしやすくなり、脳イキもしやすくなるのです。


セックスなどに意欲的であるというのも、気持ちが良い経験があってこそです。


もし、セックスやオナニーの経験があまりなく、経験として脳イキがしたいというのであれば、まずはエッチなことに関する気持ちが良い体験を重ねていきましょう。


セックスじゃなく、オナニーでもいいので、自分で自分のアソコをいじってみて、高まる体験をいくつかしてみてください。


その時は、あたかもセックスをしているような順番で自分を触ってみたりして、進めていきましょう。


脳イキをする催眠オナニーは音声だけではありますが、疑似セックス体験ができるものでもあるため、「セックスとはこういうもの」という想像ができたほうが良いとも言えるためです。


脳イキは自分の体験から妄想を膨らませてはじけるようなものでもあるため、まずは気持ちが良いことを知るところから始めてくださいね。


逆に、脳イキがしづらい人と言うのはどういう人であるのか、脳イキをしづらい人のポイントは以下になります。


・セックスが嫌い


・脳イキなんて信じない


・気持ちが良いことがよくわからない


セックスが嫌いである人はそもそもの話ですが、脳イキをしたいとは思わないかと思います。


もしもセックス嫌いでも脳イキをしてみたいと思うのであれば、それは実はセックスが好きだけれど、「セックスやエッチなことが良くないもの」だと思い込んでいる可能性があります。


そのため、まずはセックスやエッチが良くないもの、という認識を改めることから始めたほうが良いでしょう。


または、セックスが本当に嫌いだけれど、経験としてイクことを知りたいから脳イキする方法を知りたい、という人もいるかもしれません。


けれども、脳イキは音声でできるものではありますが、音声でイクものであっても疑似セックスであることには変わりありません。


セックスはセックスであるため、セックスが嫌いな人には脳イキは向かないものになるでしょう。


脳イキ自体を信じていなかったり「そんなバカな」と最初から嘘だと決めつけてかかる人もまた、脳イキしづらい人と言えます。


脳イキを得るためには自分から暗示にかかりにいく、それくらいの気持ちでないとかかりづらいものでもあるため、脳イキをしたいのならば「そんなバカな」と最初から脳イキを信じないのではなく、無理にでも信じるようにしてみましょう。


気持ちが良いことがよくわからない、というのも脳イキしづらい原因になるため、経験や自分の体のことがよくわかっていないうちは、まずは自分の体をいじってみて、どこがイイのかを探してみるところから始めると、脳イキするために催眠オナニーを始めても想像や妄想がしやすくなって脳イキしやすくなりますよ。


暗示にかかりやすい人は脳イキもしやすくなる


暗示にかかりやすい人は脳イキもしやすくなります。


そして暗示は、自分からかかりに行くこともかのうですから、脳イキするために自分から向かっていってみてください。


自分から暗示にかかりやすくするために、脳をほぐすことも大切ですから、今回紹介した脳イキしやすくなる脳の鍛え方も是非参考にしてくださいね。


脳イキは本当にイったときのように、それよりもとても激しく気持ちよくなれるものでもあります。


疑似セックスではありますが、心も気持ちよくなれるものでもあるので、是非試してみてください。


普段のセックスも脳イキをマスターしたらよりいっそう気持ち良くなれますよ。


参考になれば幸いに思います。

《KOIMEMO(コイメモ)》

特集

page top