【ガチ】「出前のプロ」はどんな過酷な環境でも料理をこぼさないのか?『ロデオボーイ』をスピードMAXにして乗せたらこうなった! | NewsCafe

【ガチ】「出前のプロ」はどんな過酷な環境でも料理をこぼさないのか?『ロデオボーイ』をスピードMAXにして乗せたらこうなった!

面白ネタ・雑学 ロケットニュース24
【ガチ】「出前のプロ」はどんな過酷な環境でも料理をこぼさないのか?『ロデオボーイ』をスピードMAXにして乗せたらこうなった!

【ガチ】「出前のプロ」はどんな過酷な環境でも料理をこぼさないのか?『ロデオボーイ』をスピードMAXにして乗せたらこうなった!


デリバリー全盛の今。外を歩いていると、四角いリュックを背負って自転車に乗っている人を必ずと言っていいほど見かける。登録すれば誰でも配達員になれるのだからスゴイ時代になったものだ。しかしその一方で、料理がこぼれていた等のトラブルもやはり多いらしい。


ケースは様々あるだろうが、原因の一つとして、彼らがプロではないことが挙げられるだろう。出前のプロならば、雨が降っていようが風が吹いていようが、汁物を運んでいようが絶対こぼさないはず。そこで今回は、出前のプロを『ロデオボーイ』に乗せてその実力を確かめてみたい。


・出前のプロ vs 暴れ馬
検証で使用するのは、通販番組などでもお馴染みの乗馬フィットネス機器『ロデオボーイII』である。またがってスイッチを入れると本体が暴れ馬のように激しく動くため、乗っているだけでエクササイズになるという便利な代物だ。速さは4段階で調節できるが……


当然今回はMAXスピードを選択。


より過酷な環境での出前を想定したい。


ちなみに、どれくらい過酷かを確認するため、『ロデオボーイ』にパンダを乗せたところ……


秒で落馬した。


・待望の再登場
気を取り直してここで、検証に使用するもう一つのアイテムをご紹介しよう。そう、知る人ぞ知る名機。藤田道具の「自転車用出前機5型 XMC-06」である。


これは約1カ月前、テイクアウト弁当の汁漏れ問題に悩むアホの上司・Yoshioのために購入したものだが、自転車に取り付けるのが面倒なので半ば思い付きで背負わせてみた結果、Uber Eats(ウーバーイーツ)の雑魚キャラみたいになったことは記憶に新しい。


今回の検証では、出前のプロに料理を積んだ出前機を背負わせ、その状態でMAXスピードの『ロデオボーイ』に乗ってもらう。非常に困難であることは想像に難くないが、プロならばきっと料理をこぼさず運んでくれるはずだ。それではご登場いただこう。


当編集部が誇る出前のプロ……


GO羽鳥である。


・元本職
熱心な読者の方はご存じかもしれないが、若き日の羽鳥青年はそば屋でアルバイトに励んでいた。バイクに乗って出前に出るなんて日常茶飯事。いくつもの修羅場をくぐってきた羽鳥は、まさに出前のプロと言えよう。


本来バイクに付いているはずの出前機を、まさか自ら背負うことになるとは羽鳥も思わなかっただろうが、さすが経験者だけあって様になっている。パッと見、意識が高すぎるあまり最終的に意味不明な方向に行ってしまった天才職人みたいな趣だ。


・検証開始
さあ、それでは具体的な検証に移っていこう。まずはカップ麺に線までお湯を注ぎ……


出前機に載せてしっかり固定する。


使用する料理は、出前においてもっとも難易度が高い汁物をあえてチョイスした。羽鳥はこの状態で1分間、MAXスピードの『ロデオボーイ』に乗り続けるのだ。


激しく揺れ動く暴れ馬を前に、出前のプロはどう立ち向かうのか? 精神を集中する羽鳥。現場に緊張が走る。そしていよいよ、検証がスタート! 『ロデオボーイ』はウインウインと徐々にスピードを速めていく!!


そして次の瞬間……。


羽鳥、いきなり危うし!


・大ピンチ
出前機の重さは約10kg。それを思いきり後ろ側に引っ張られるような感覚は、さすがの羽鳥でも味わったことがなかったようだ。我々はそのまま出前機ごとひっくり返り、カップ麺が床にブチまけられる最悪の未来を想像した。


ところが……!


すぐにメンタルを持ち直した羽鳥は、『ロデオボーイ』の暴走ムーブに正確に呼吸を合わせていく。ガッチャンガッチャンと激しく唸りをあげる出前機をよそに、その表情は湖の如く穏やかだ。そう、これぞベテランの羽鳥だからこそ辿り着くことができた無我の境地……


羽鳥ゾーンである。


・一進一退
出前のプロと『ロデオボーイ』の戦いは、両者一歩も譲らぬ死闘の様相を呈していた。一瞬でも気を緩めようものなら、すぐさま殺(と)られる──。そんな緊張感が周囲を満たしていく。そして……


長い1分が、ついに終わった。


・検証結果
果たしてカップ麺はどうなっているのか? やはりビチャビチャにこぼれているのだろうか? ゆっくりとシートを上げると……ななな、なんと!!


まさかの無傷!!!!!!


・想像以上
な、何ィィィィィィイイイイ!? 水びたしどころか、スープ一滴こぼれていないではないか! これはスゴイ!! それにしても、あの振動の中よく無事に生き残れたな……。羽鳥の表情には一仕事終えたプロの余裕が漂っている。


・結論
さすが出前のプロ。さすが出前の達人。これこそ研ぎ澄まされた職人の技! と、言いたいところだが……実はこの時、現場にいた我々は全員、ある真実に気付いてしまっていた。そう……


本当にスゴイのは羽鳥、ではなく……


たぶん出前機……!!


– 完 –


Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.


《ロケットニュース24》

特集

page top