神無き時代の宗教としてのUFO | NewsCafe

神無き時代の宗教としてのUFO

面白ネタ・雑学 心に残る家族葬
神無き時代の宗教としてのUFO
天国、天界、極楽、…この世ならざる彼岸の彼方にもうひとつの世界を夢見ることは人類に共通であるようだ。それは生の苦しみや死の恐怖から逃れたいという心の安寧を求める切なる願いである。近代科学の発展は人類をその夢から醒ましてしまった。そうした中にUFOという他界からの使者がやってきたのである。

■宇宙開発が与えたものと奪ったもの

他界の伝承には、沖縄の「ニライカナイ」、チベットの理想郷「シャンバラ」など、海の果てや地下世界として伝わるものもある。その中でも代表的なのは空の彼方、天上界だろう。翼を持たない人類は輝く太陽や月、満天の星空に神の世界を見出していた。一方で自然科学の発展が宇宙の仕組みを少しずつ解明していく。そして20世紀、人類はついに地球からの離脱、宇宙への参入を実現していった。宇宙開発は科学の発展がもたらす夢とロマン溢れる未来世界への道筋であった。それは同時に天上の楽園の喪失でもあった。

神や天界の存在は人間では検証不可能な命題であり、人智の及ばぬ深い霧の向こうの世界であった。逆に何を夢見ても実在する余地が残されていたとも言える。しかし、科学は容赦なくその霧を払ってしまう。月にウサギはいなかったし、火星にタコもいなかった。何より宇宙に神はいなかった。人類は他界に参入したことで、他界を失ったのである。

■宇宙からの使者

UFOとは「unidentified flying object」(未確認飛行物体)の略である。正体不明の飛行物体、あるいは現象を指す航空軍事用語が本来の意味であるが、一般的には地球外知的生命体である異星人が搭乗する乗り物「エイリアンクラフト」とほぼ同じ意味として認識されている。UFOとおぼしき現象を伝える伝承は古代から存在するが、現代におけるいわゆるUFO現象が定着したのは、1947年6月24日にアメリカ人のケネス・アーノルドが9体の正体不明の物体を目撃したとされる「ケネス・アーノルド事件」である。当時マスコミはこの事件を大々的に扱い「空飛ぶ円盤」(Flying Saucer)という名称もこの時生まれ、6月24日は「UFO の日」とされている。この事件の真相は気象観測用の気球だったのではなどの懐疑的な見方が大勢を占めているが、少なくとも人々の意識にUFOが飛来したことは事実である。

ケネス・アーノルド事件から10年後の1957年、ソ連は人類初の人工衛星 スプートニク1号の打ち上げに成功。人類は宇宙へ、UFOは地球を目指していた。そもそもエイリアンクラフトとしてのUFOの存在云々は問題ではない。広大な宇宙のどこかに知的生命体が存在していると考えることは不自然ではないし、現在でも地球外知的生命体とのコンタクトを試みる「SETI」計画(地球外知的生命体探査)が行われている。UFOと異星人は宇宙開発の延長に語られるファンタジーだった。それが一部の人々の間で奇妙な変化を起こすことになる。UFOの宗教化である。

■神憑るUFO

「ベントラ ベントラ スペースピープル」年配の諸兄なら懐かしく思われるのではないだろうか。これはコンタクティ(異星人と接触したと称する人たち)のジョージ・ヴァン・タッセルが異星人からテレパシーで教わったとする、UFO召喚の呪文である。日本でも手をつないで円陣を組み、この呪文を唱えてUFOを召喚しようとする人達が多くいた。筆者が小学生の頃に購入した本にはUFOに会いたいと願いながら、懐中電灯を空に向けるなどの方法が書かれていたと記憶する。なぜ地球より遥かに文明の発達しているはずの異星人(そうでなくては他惑星である地球を訪問できない)が、地球人の唱える呪文や願いに応じなくてはならないのか。これは魔術師が行う天使や悪魔召喚が形を変えたように見える。つまり人間より上位の存在を他界から呼び寄せる行為である。

コンタクティの元祖とも言える、ジョージ・アダムスキー(1891〜65)らが接触したとする異星人は愛や平和を説き、人類が滅びの道へと進んでいることなどを警告する。こうなるとUFOは知的生命体というより神仏に近くなり、20世紀における新たな神として迎える宗教すら生まれる。スイスに本部を置く宗教団体「ラエリアンムーブメント」はその代表的な団体で、地球上の生命はエロヒムなる異星人によって科学的に創造されたと説く。エロヒムの星の近くには選ばれた者のみが入ることができる「不死の星」があるという。科学時代が否定した天国や極楽は、他惑星の地球外文明に形を変えつつあった。科学時代における神とは、地球文明を超えた超科学、超テクノロジーに他ならなかった。聖典や神話をそのまま信じることは困難となり、そうかといって他界に夢を見たい心は、科学的無神論を受け入れられない。そうした中の一部の人たちは、教義をそのまま信じることが困難になった宗教を地球の科学を超えた超科学によって救おうしたのではないだろうか。


■抽象化するUFO

やがて核開発や自然破壊など、科学の限界が指摘され反省が促されるようになり、科学のカウンターカルチャーとして仏教や神秘主義などが注目される。高度に発達した異星人の超科学は時代にそぐわないものになっていった。UFOや異星人たちは具体的な姿を消し、抽象的な存在となる。

アブダクション(UFOによる誘拐事件)、キャトルミューティレーション(内臓や血液を失った動物の死体が発見された怪現象)など、異星人が関係するとされる事件が多く報告され、神仏とはかけ離れたイメージに変容する。それらはUFOや異星人が直接現れるわけではなく、あくまでそれらの痕跡に過ぎない。さらに大統領直属の秘密機関「MJ-12」の存在が記載されたとされる「M-12文書」、異星人によるクローン実験の全容が記載されているとする「ダルシー文書」など、UFOは「文書化」(「UFO とポストモダン」より)されていく。抽象化の方向はスピリチュアルの世界でも同じで、異星人との精神的な交流「チャネリング」が流行する。これは超越的な宇宙意識などといったもので、超テクノロジーの産物であるUFOとは、むしろ真逆の存在であるといえる。

■他界への思い

21世紀の現在、UFOは時々世間を騒がす怪現象でしかなくなった。一部の団体は今も健在ではあるものの、UFOに他界を求める宗教としてのUFOを意識する人はほとんどいないといってよいと思われる。しかし神無き科学時代を迎えた人たちが、超科学的存在であるUFOにすがり宗教的存在に変容した事実は、人間がいかに他界を必要としているかを痛感する。この先どれほど宇宙や生命の謎が解明されても、人が死ぬまで生きる限り、彼岸の彼方の他界へ馳せる思いは絶えることはないだろう。

■参考資料

■木原善彦「UFOとポストモダン」平凡社新書(2006)
■ピーター・ブルックスミス「政府ファイルUFO全事件」並木書房(1998)
《心に残る家族葬》

特集

page top