名古屋グランパス、チームとつながるリモート観戦体験をKDDIと提供 | NewsCafe

名古屋グランパス、チームとつながるリモート観戦体験をKDDIと提供

スポーツ サイクルスタイル/スポーツ/短信
名古屋グランパス、チームとつながるリモート観戦体験をKDDIと提供
  • 名古屋グランパス、チームとつながるリモート観戦体験をKDDIと提供
  • 名古屋グランパス、チームとつながるリモート観戦体験をKDDIと提供
  • 名古屋グランパス、チームとつながるリモート観戦体験をKDDIと提供
  • 名古屋グランパス、チームとつながるリモート観戦体験をKDDIと提供
名古屋グランパスエイトとKDDIは、クラブ公式アプリを通じてファンとチームがつながるリモート観戦体験を提供する。

リモート観戦体験の提供は、7月4日(土)から再開する「2020明治安田生命J1リーグ」に向けて、「MY HOME STADIUM - All for NAGOYA」プロジェクトのもとに実施。7月7日(火)から提供を予定しているクラブ公式アプリ「名古屋グランパス公式アプリ」を通じて、離れた場所でもファミリーとクラブが一体になれる観戦体験を提供する。

名古屋グランパス公式アプリを活用して、「スタジアムを感じる」「応援でつながる」「スタジアムに思いを届ける」の3つの取り組みの実施を予定。リモートマッチ(無観客試合)の場合でも、スタジアムとファミリーが一体となった観戦体験を提供する。

1つ目の取り組み「スタジアムを感じる」では、選手紹介やウォーミングアップの配信、スタジアムの経過をワンプレーごとに速報するテキスト配信などを実施。「応援でつながる」では、クラブマスコットなど多彩なゲストによる映像配信とライブチャットでの双方向コミュニケーション、アプリ画面上へのファンファミリーの顔表示を行う。

「スタジアムに思いを届ける」では、事前募集したファミリーが歌ったチャントをつなぎ合わせたチャントミュージックビデオのスタジアムビジョンへの表示、スタジアムのLEDモニターへのファミリーの顔表示を実施する。

なお、2020年2月から予定していた豊田スタジアムでのau 5Gを活用した新たな観戦体験の提供は、時期を改めて実施する予定だ。
《美坂柚木》

特集

page top