平野レミ“パクチー踏んづけ”料理に大喝采「最高においしそう!」 | NewsCafe

平野レミ“パクチー踏んづけ”料理に大喝采「最高においしそう!」

芸能 まいじつ/entertainment
平野レミ“パクチー踏んづけ”料理に大喝采「最高においしそう!」

(C)ipag collection / Shutterstock 


料理愛好家の平野レミが6月23日、自身のツイッターを更新。簡単に作れる「あっさり豚」を動画で紹介したのだが、おなじみの〝狂人ぶり〟がネットユーザーの爆笑をかっさらっているようだ。


【関連】工藤静香の生春巻きに“汚料理”ファン大興奮「今日もいいお仕事!」 ほか

平野は5月29日に、レシピ本『新版 平野レミの作って幸せ・食べて幸せ』を上梓。もともと1999年に出版された同作は、昨年10月に亡くなった最愛の夫でイラストレーターの和田誠さんが「おいしい、おいしいって食べてくれた思い出の料理ばかり」を新たに集めたもの。温かな表紙の絵やデザインは和田さんが担当しており、いわば〝夫婦共作〟の1冊となっている。


そんな平野は今回、自身のツイッターに2分20秒のショート動画を公開。出だしは、「こんにちは! 平野レミです。今日は私は化粧を、してます!」と〝いつものレミさん〟が描かれたお面から、ナチュラルメークの平野がひょっこり顔を出すというお茶目な演出でスタート。レシピ本に収録されている「あっさり豚」を作ると宣言し、「あっさり簡単、どうしてあっさりかというと〝あさり〟だから」とダジャレを交えた〝レミ節〟を炸裂させ、フライパンにあさりと豚肉、お酒を加えて蒸し焼きにし、最後はパクチーを乗せるだけという簡単かつ〝間違いない〟一品を完成させた。




通常運転な平野レミに安堵するファンたち


「今回の動画では、豚肉の入ったパックをフライパンの縁に〝バコンッ〟と打ち付けて肉を投入したり、パクチーをシンクの側面に〝ビタンビタン〟と打ち付けて水切りしたりと、相変わらずの豪快さは健在。最後に至っては、床に落ちたパクチーを踏んづけながら、料理の完成を報告していました」(ネットメディア編集者)


いかんなく自らの芸風を盛り込んだ平野に対し、ネット上では、


《パクチーしばき倒すお姿拝見して元気出ました ありがとうございます!》

《豚肉を豪快にペチコーン!と入れた瞬間、「えっ!?」と声が出ました》

《また投げてるww》

《パクチーびちびちたたいて下に落ちたの最後に踏んでいるところとかも含めて最高においしそう!》


などと、ツッコミを入れる声が続出。また、一方で、


《こういう形で旦那様を偲ぶことができるのはうらやましい うちも旦那が他界してるけど、何も残せてあげられない》

《平野レミ強いね。無関係のわたしはまだまだ寂しいだけなのに、この間出版のために動いてたんだと思うと。天国の和田さんも安心だね》


などと、感心する声が上がっている。


彼女がレギュラー出演している『きょうの料理』(NHK)は、あまりの独創性や突拍子もない暴走行為から〝狂の料理〟との二つ名があるほど。暴走ぶりはツイッターでも健在のようだ。



【画像】


ipag collection / Shutterstock




《まいじつ》

特集

page top