Fリーグが2020-2021シーズン公式試合球に「INFINITO NEO PRO」を採用 | NewsCafe

Fリーグが2020-2021シーズン公式試合球に「INFINITO NEO PRO」を採用

スポーツ サイクルスタイル/新着/製品/用品
Fリーグが2020-2021シーズン公式試合球に「INFINITO NEO PRO」を採用
  • Fリーグが2020-2021シーズン公式試合球に「INFINITO NEO PRO」を採用
  • Fリーグが2020-2021シーズン公式試合球に「INFINITO NEO PRO」を採用
  • Fリーグが2020-2021シーズン公式試合球に「INFINITO NEO PRO」を採用
日本フットサル連盟、日本フットサルリーグ(Fリーグ)は、イミオの提供を受け、2020-2021シーズンの公式試合球としてsfida「INFINITO NEO PRO」を使用することを発表した。

Fリーグ2020-2021シーズン公式試合球は、昨シーズンに引き続きINFINITO NEO PROの「YELLOW」を使用。日本女子フットサルリーグ2020-2021シーズン公式試合球は、INFINITO NEO PROの新色「PINK/SAX」を使用する。

公式試合球はJFA検定球となっており、フットサルボールに最先端技術のサーマル製法を採用。真球性を高め、蹴り心地を向上している他、インドアコートでグリップ性を発揮する表皮を採用してより質の高いプレーをサポートする。「INFINITO」は、イタリア語で「無限大」を意味している。

公式試合球は、どちらもスターカモフラージュ柄を採用。日本女子フットサルリーグ2020-2021公式試合球は、反対色で相性の良いピンクと水色を組み合わせた新色「PINK/SAX」となっており、プレーヤーの情熱と冷静さを表現し、ヒロインたちの躍動をより鮮明に感じられるデザインに仕上げている。

Fリーグ公式試合球は発売中。価格6,000円(税抜)。日本女子フットサルリーグ公式試合球トップモデルは6月下旬、レプリカモデルは8月上旬より順次販売を開始する。
《美坂柚木》

特集

page top