塚田農場の「家飲み便」が細かいところまでマジ塚田農場だった | NewsCafe

塚田農場の「家飲み便」が細かいところまでマジ塚田農場だった

面白ネタ・雑学 ロケットニュース24
塚田農場の「家飲み便」が細かいところまでマジ塚田農場だった

塚田農場の「家飲み便」が細かいところまでマジ塚田農場だった


塚田農場の『家飲み便』。名前の通りのサービスである。宅配便と同じように、居酒屋チェーン「塚田農場」の料理が家に届く。それを盛り付けたり、レンチンしたりすれば家で塚田農場できる


よくあるデリバリーやテイクアウトとは少し違う。家飲み便の場合、選んだコースに応じて、料理がゴソっと届くのだ。例えば今回、私は2名向けの「家飲みセット(送料別で税込3078円)」を頼んだところ、以下のようなものが入っていた。


・セットの内容


味噌


ポテサラ


ぶっといメンマ


鶏の炭焼き


若鶏のチキン南蛮


鶏白湯 塩もつ煮込み


よだれ鶏の麻辣醤油ダレ


これらを盛り付けながら、私は「めっちゃ塚田農場」と何度声に出したか分からない。まぁ、塚田農場から届いているのだから当たり前といえば当たり前なのだが、我が家に塚田農場の料理が並んでいる光景はどこか不思議。まるで精巧なミニチュア模型でも目にしたような気持ちになる。


特に、お通しで出てくる「味噌」の粒や、「ポテサラ」の煮玉子の具合、「鶏の炭焼き」の色や「メンマ」の太さあたりから “塚田農場感” があふれていると言っていいだろう。


さらに、実は塚田農場感あふれるものがもう1つある。それがあったからこそ、家で塚田農場している気分が盛り上がったと言っていい。一体何かと言うと……


うまい棒(やきとり味)だ。


店舗でお会計後などに貰える「うまい棒」を家飲み便にも入れてくるなんて………実に細かいところにまで手が込んでいる


なお、私は自粛期間になってからしばらく店舗に行けていないので、今も「うまい棒」のサービスがあるかどうかは分からない。そもそも全店舗でのサービスかどうか分からないのだが、塚田農場のお会計といえば「うまい棒」が頭に浮かぶ人は多いはず。そんな人にとっては、いやが上にも塚田農場感が盛り上がるアイテムと言っていいだろう。


というわけで、私が頼んだコースの中身をまとめるとこんな感じだ。


【家飲みセット(税込3078円)の中身】


・味噌
・ポテサラ
・ざぶとんメンマ
・銘柄鶏の炭焼き(小)
・若鶏のチキン南蛮(小)
・若鶏のよだれ鶏 特製麻辣醤油ダレ
・鶏白湯 塩もつ煮込み
・うまい棒(やきとり味)


なお、セットにドリンク類は付いていないので別途用意する必要がある。面倒だと思うかもしれないが、逆にありがたくないだろうか? スーパーとかで買って揃えておけば、店で飲む場合に比べて格段に安く済ませられるのだから。


ただし、メリットだけだと感じたわけではない。正直に言うと、レンチンして温めるもの(鶏の炭焼きやチキン南蛮など)は、やはり店で食べる方が美味しかった。このあたり、仕方がないことではあるのだが、「店とまったく同じ」と誤解を与えないため一応記載しておこう。


裏を返せば、メンマやポテサラ等の温めない料理に関しては、まんま「塚田農場」だ。


・他にも色々なコースが
今回私は「家飲みセット」を注文したが、公式ホームページを見ると「贅沢家飲みセット」や「ファミリーセット」、「贅沢ファミリーセット」が用意されているほか、単品での注文も出来るようだ。


注意点としては、たとえ都内でも届くのは最短で翌日ということ。通常のデリバーリのようにその日のうちに届くわけではない。また、対象エリアが限られることも忘れてはいけない。


2020年6月2日時点の対象エリアを記載しておくと……


関東:東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・栃木・群馬
東北:宮城・山形・福島(青森・岩手・秋田除く)
甲信越:新潟・長野・山梨
北陸:富山・石川・福井
東海:愛知・岐阜・静岡・三重
関西:大阪・京都・兵庫・滋賀・奈良・和歌山


※離島を除く


──以上だが、エリアは「順次拡大予定」とのことだから、お住まいの地域が対象エリア外だったとしても、諦めてはいけない。なにせ、緊急事態宣言が解除されたとはいえ、今もまだ家飲みの需要は大きい。近いうちにもっと広がりそうな予感がする。期待して待つべし。


参考リンク:塚田農場「家飲み便
Report:和才雄一郎
Photo:RocketNews24.


《ロケットニュース24》

特集

page top