【競馬予想】マイルのG1ホースが続々参戦! 異例の好メンバーとなった高松宮記念、波乱を起こす穴馬&超穴馬はコレだ!! | NewsCafe

【競馬予想】マイルのG1ホースが続々参戦! 異例の好メンバーとなった高松宮記念、波乱を起こす穴馬&超穴馬はコレだ!!

面白ネタ・雑学 ロケットニュース24
【競馬予想】マイルのG1ホースが続々参戦! 異例の好メンバーとなった高松宮記念、波乱を起こす穴馬&超穴馬はコレだ!!

【競馬予想】マイルのG1ホースが続々参戦! 異例の好メンバーとなった高松宮記念、波乱を起こす穴馬&超穴馬はコレだ!!


今週末の中央競馬では春のスプリント王決定戦・高松宮記念が開催される。昨年は400万馬券も飛び出した当レースだが、今年も波乱含みの様相だ。


マイルG1馬が大挙して出走する異例のメンバー構成に加えて、週末は雨予報&乗り替わりも大量発生。何から予想すればいいか分からないハードモードの中京決戦を徹底分析します!


・マイル組の評価は
日曜中京のメインは芝1200mで行われる高松宮記念。今年はコロナウイルスの影響で無観客開催となるが、電話・インターネット投票による馬券発売は通常どおり行われる。


なんといっても注目は、距離を短縮して挑む4頭のマイルG1馬(ステルヴィオ、グランアレグリア、モズアスコット、ノームコア)だ。これらの馬をどう評価するかが予想のポイントになるだろう。


高松宮記念に出走したマイルG1馬の成績を近10年で調べてみると、結果は一息といったところ。ミッキーアイル(15年3着、16年2着)とレッツゴードンキ(17年2着、18年2着)の好走例はあるが1着には及ばず。


他にはジョーカプチーノ、リアルインパクト、ローブティサージュ、レーヌミノルなどが出走しているが、いずれも馬券圏外。生粋のスプリンターを相手に回して、いきなり頂点に立てるほど甘くはないということが伺える。


今年の4頭は1200mの出走経験すらなく、マイル組の馬は少し不安要素の方が大きいかなと筆者は思う。


あえて買うとすれば、グランアレグリア。昨秋のスプリンターズSにも登録しており、早い段階からスプリント路線への準備を始めていた経緯がある。他3頭に比べて計画的に当レースへ進んできた感じがするので、これは狙ってもいいだろう。


・セイウンコウセイ、妙味たっぷり

《ロケットニュース24》

特集

page top