国際線始まる羽田空港第2ターミナル 拡張エリアはどうなるの? その工夫と建設の様子 | NewsCafe

国際線始まる羽田空港第2ターミナル 拡張エリアはどうなるの? その工夫と建設の様子

車・乗り物 乗り物ニュース
羽田空港第2ターミナルの新エリア。右奥が現行の国内線施設で、建物のデザインが異なる(2020年3月、乗りものニュース編集部撮影)。
国際線対応が始まる羽田空港の第2ターミナルですが、その新エリアはどのような施設になるのでしょうか。建設中の空港内の様子を交えその内容を見ていきます。新エリアでは、レイアウトも工夫されているそうです。

自動手荷物預け機などの新設備が入る新エリア

 羽田空港の第2ターミナルはこれまで、ANA(全日空)などの航空会社が用いる国内線専用施設でしたが、同空港を発着する国際線航空便の大幅な増便を受け、2020年3月29日(日)より一部エリアを拡張、そこで国際線の対応が始まります。 新エリアが共用開始される直前の2020年3月上旬、このターミナルの様子を見てきました。 拡張される新エリアは、第2ターミナルのもっとも南にある「Dカウンター」のさらに南側に位置し、外からターミナルビルの全景を見渡すと、ほかのエリアとは大きく異なったデザインがあしらわれているのが特徴です。新エリアは、7基の搭乗橋(ボーディングブリッジ)が備わっており、うち4基は国内線と併用され、時間帯で使い分けがされます。
《乗りものニュース》

特集

page top