都教委、中3生の評定状況…5は英語が最多 | NewsCafe

都教委、中3生の評定状況…5は英語が最多

社会 ニュース
都内公立中学校第3学年および義務教育学校第9学年(令和元年12月31日現在)の評定状況
  • 都内公立中学校第3学年および義務教育学校第9学年(令和元年12月31日現在)の評定状況
  • 令和2年度選抜の調査と平成31年度選抜の調査における都内公立中学校などの評定状況についての比較
  • 中学校等別評定割合(個表)における特異な評定状況を示している教科のある学校
 東京都教育委員会は2020年3月26日、都内公立中学校第3学年および義務教育学校第9学年(2019年12月31日現在)の評定状況の調査結果を公表した。全9教科のうち、評定「5」がもっとも多かった教科は「外国語(英語)」、「1」がもっとも多かった教科は「数学」だった。

 東京都教育委員会は、学習指導要領の目標に準拠した評価の客観性・信頼性を確保することを目的に、目標に準拠した評価が導入された2002年度(平成14年度)より調査を実施している。なお、東京都立高等学校入学者選抜で活用した評定は、今回調査した都内公立中学校第3学年および義務教育学校第9学年(2019年12月31日現在)のもの。調査対象は、中等教育学校、義務教育学校を含めた都内公立中学校等623校。

 国語、社会、数学、理科、音楽、美術、保健体育、技術・家庭、外国語(英語)の9教科全体の評定は、「5」12.2%、「4」24.9%、「3」48.1%、「2」11.7%、「1」3.1%だった。全9教科で「5」と「4」の評定の割合の合計は36~39%。「5」の割合がもっとも高かった教科は「外国語(英語)」14.6%、ついで「社会」14.0%、「数学」13.4%。「3」の割合は「保健体育」「技術・家庭」「美術」の順に高く、いずれも50%を超えた。全教科では43%~54%。また、「1」の割合は「数学」4.4%、「外国語(英語)」4.0%、「社会」「理科」各3.4%の順に高く、「外国語(英語)」では「2」と「1」の評定の割合の合計が20%を超えていた。
《桑田あや》

特集

page top