25年ぶり 超高速旅客船「川崎ジェットフォイル」着水 「海を飛ぶ船」今後はどうなる? | NewsCafe

25年ぶり 超高速旅客船「川崎ジェットフォイル」着水 「海を飛ぶ船」今後はどうなる?

車・乗り物 乗り物ニュース
25年ぶり建造「川崎ジェットフォイル」の着水式(2020年3月26日、恵 知仁撮影)。
川崎重工業が25年ぶりに製造した超高速旅客船「川崎ジェットフォイル」の着水式が行われました。東海汽船「セブンアイランド結」として、東京(竹芝)~伊豆諸島航路などに就航予定。最高およそ80km/hで、海を飛ぶように航行します。

超高速航行のジェットフォイル 東海汽船の東京~伊豆諸島航路へ

 川崎重工業の神戸工場で2020年3月26日(木)、25年ぶりに製造された超高速旅客船「川崎ジェットフォイル」の着水式が実施されました。「ジェットフォイル」は、アメリカのボーイングが開発した水中翼船。川崎重工は1987(昭和62)年にその製造・販売権を引き継ぎ、1995(平成7)年までに15隻を建造しました。

 このたび着水式が行われたのは、それから25年ぶりに川崎重工が建造したジェットフォイル。東海汽船が、東京(竹芝)と伊豆諸島(東京諸島)などを結ぶジェットフォイル「セブンアイランド虹」(1981年ボーイング製)の代替船として発注したものです。 新造船は2020年7月13日(月)、「セブンアイランド結(ゆい)」として就航する予定。バリアフリー設備の充実などが図られ、竹芝~伊豆大島間の約120kmを1時間45分で走破します。 着水式は、東海汽船の山﨑潤一社長をはじめ約30名が出席するなか、花束贈呈、記念写真撮影、国旗掲揚、命名、支綱切断と進行。「セブンアイランド結」は、巨大クレーンに吊られて着水しました。
《乗りものニュース》

特集

page top