『アメトーーク』でヤラセ疑惑? フジモンに批判「わざとらし過ぎる」 | NewsCafe

『アメトーーク』でヤラセ疑惑? フジモンに批判「わざとらし過ぎる」

芸能 まいじつ/entertainment
『アメトーーク』でヤラセ疑惑? フジモンに批判「わざとらし過ぎる」

(C)まいじつ


3月20日オンエアの『アメトーーーーーーク!3時間SP』(テレビ朝日系)で、同番組の定番企画「ビビリ-1グランプリ」が放送された。しかし、出演者のあまりにわざとらしい驚き方に、視聴者からは冷めた反応が相次いでしまった。


【関連】『モニタリング』の‟定番ドッキリ”に冷めた声…「着ぐるみ感満載の雪男」 ほか

同企画は、ちょっとしたことで驚いてしまったり、他人よりオーバーなリアクションを取ってしまう芸人を集めた企画。他の企画と違ってトークよりもVTRがメインとなっており、この日も『霜降り明星』、千原ジュニア、『ぺこぱ』シューペイ、『EXIT』りんたろー。らによる検証が行われた。


芸人たちは〝叫んだら1ビビリ〟というルールのもと、 最も多くのビビリポイントを得た者が負けとなる「ビビリロード選手権」に挑戦。走者を驚かすさまざまな仕掛けが隠された全長80メートルのコースを個々に歩くことに。仕掛けは空気の噴射や噴水、大音量の鳴るボタン、ヘビのおもちゃ、崩れる段ボールなど、どれも古典的で単純なもの。しかし、参加者は目を丸くした表情や絶叫、その場に崩れ落ちるリアクションで驚きをあらわにしていき、視聴者はそのオーバーさに「大げさ」「不自然」「わざとらしい」などといった声を上げ始める。


《まいじつ》

特集

page top