小林麻耶“SNS誹謗中傷”に真っ当意見も批判声「お前が言ってもねぇ」 | NewsCafe

小林麻耶“SNS誹謗中傷”に真っ当意見も批判声「お前が言ってもねぇ」

芸能 まいじつ/entertainment
小林麻耶“SNS誹謗中傷”に真っ当意見も批判声「お前が言ってもねぇ」

(C)まいじつ 


TBS系朝の情報番組『グッとラック!』2月13日放送回が、著名人へのSNS上での誹謗中傷を特集し、大きな話題になっている。


【関連】小林麻耶の“異常なテンション”を怖がる声「キャラであってほしい…」 ほか

番組では、ブログに「死ね!」と何度も脅迫された闘病中のタレント・堀ちえみを取り上げ、MCを務める落語家の立川志らくは、「有名税だと諦めろという方がいますけど、芸能人だってみんな人間ですからね、結構繊細な人が多い。傷つく人はたくさん傷ついている。誹謗中傷というのは、言ってみりゃ、便所の落書きみたいなもんじゃないですか。それを人んちの壁に書きに来てるっていうこと。そう思えば、とんでもない犯罪」などと怒りをあらわにした。


また、同じような経験があるという元TBSアナウンサーの小林麻耶は、「妹が亡くなって、自分の気持ちがすごく落ち込んでいる中で『お前が死ねば』とか、『お前ががんになれ』とかっていうコメントが届くと、気持ちを保てなくなるんですね。今のように元気に仕事ができているときに、そういうコメントが来ても落ち込むことはないですし、『何か悪いことがあったのかしら』って受け止めることができるけど、その時々の精神状態がある。心が傷つく以上に、もしかしたら命を奪ってしまうかもしれないって思う。それくらい本当にひどいことだと思います」などと、自身の体験を語った。


《まいじつ》

特集

page top