【どう思う?】飲食店における醤油差しの使い方について / 潔癖症のオッサンのわめき | NewsCafe

【どう思う?】飲食店における醤油差しの使い方について / 潔癖症のオッサンのわめき

面白ネタ・雑学 ロケットニュース24
【どう思う?】飲食店における醤油差しの使い方について / 潔癖症のオッサンのわめき

【どう思う?】飲食店における醤油差しの使い方について / 潔癖症のオッサンのわめき


何かを目にして違和感が生じたとき、それが狂気ゆえなのか、それとも見たものが確かに問題のあるものであったのか……自らがある種の強迫神経症であり、さらには日本における文化的な常識を欠いている自覚がある私は、往々にしてその判断に迷う


ある種の強迫神経症とはつまり、潔癖症である。文化的な常識を欠くというのは、大体がバカバカしい(年下がお茶汲み係になったり、乾杯時にグラスを下げるなどその手の常識である)と感じたため、学ぶ気が起きないからだ。そして今回判断に迷っていることとは、お店においてある醤油さしの使い方についてである。


・老婆と男児
順を追って説明しよう。きっかけは、ふらりと入ったレストランにて目にした、別のテーブルでの出来事だ。そこには老婆と、その孫と思しき男児が座っていた。特に注視していたわけではなく、私は低い衝立(ついたて)的な壁を挟んで右斜め向かいに座っており、何もかもが丸見えだったのだ。


ほどなくして彼らのテーブルに料理が届けられ、醤油を料理にぶっかけようとする男児。しかし老婆はそれを制止。そして「こうやるとちょっとずつ注げるんだよ」と言い、自ら醤油を注いで見せているようだ。そして、再び醤油さしを男児に渡し、自分を真似てやってみせるよう促(うなが)した。


ちなみに店の醤油さしは、全く同じ形の注ぎ口が前後に1つずつ開いているタイプだ。前後とは言ったもののその区別は無い感じの、上から見ると中心に対して完全に対称な形状のものである。


私のところから老婆の手元はよく見えなかったが、男児の手元はよく見えた。男児は醤油さしに開いた2つの注ぎ口のうち、1つを指でふさいだり開いたりしながら注いでいる。なるほど、老婆が何を教えていたのか明らかとなった。


皆さんもご存じだろう。私自身、幼いころに教わった覚えがある。醤油さしの注ぎ口の反対側に開いている穴を指でふさぐと、空気が入らないため醤油は出ない。


これを利用して、穴を指でふさいだり開いたりすれば出る量を調節できるというやつだ。きっと知識としてはかなり広く知られている。知らなくてもそこまで困ることはない気もするが、知っておくに越したことはない。


・醤油さし

《ロケットニュース24》

特集

page top